*

泣いた赤鬼

公開日: : 泣ける話

Pocket

山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。

赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家の前に、

「心のやさしい鬼のうちです。

どなたでもおいでください。

おいしいお菓子がございます。

お茶も沸かしてございます」

と書いた立て札を立てました。

けれども、人間は疑って誰一人遊びにきませんでした。

赤鬼は悲しみ、信用してもらえないことをくやしがり、

しまいには腹を立てて、立て札を引き抜いてしまいました。

そこへ、友達の青鬼が訪ねて来ました。

青鬼はわけを聞いて、赤鬼のために次のようなことを考えてやりました。

青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。

そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。

そうすれば人間たちにも、赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろう、と言うのでした。

しかし、

「それでは青鬼にすまない」と、しぶる赤鬼を、

青鬼は無理やり引っ張って村へ出かけて行きました。

計画は成功して、

村の人たちは安心して赤鬼のところへ遊びにくるようになりました。

毎日毎日、村から山へ、三人五人と連れ立って出かけて来ました。

こうして赤鬼には人間の友達ができました。

赤鬼はとても喜びました。

しかし、日がたつにつれて、気になってくることがありました。

それは、あの日から訪ねて来なくなった青鬼のことでした。

ある日赤鬼は、青鬼の家を訪ねてみました。

青鬼の家は、戸がかたくしまっていました。

ふと気がつくと、戸のわきには貼り紙がしてありました。

そして、

それに何か字が書かれていました。

「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください

もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、

君も悪い鬼だと思われるかもしれません

それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません

さようなら、体を大事にしてください

どこまでも君の友達、

青鬼より」

赤鬼は、だまって、それを読みました。

二度も三度も読みました。

戸に手をかけて顔を押し付け、しくしくと、

なみだを流して泣きました・・・

q01404

AD googleアドセンス

関連記事

私の父は、若くして亡くなりました。

私の父は、若くして亡くなりました。 同僚が机に突っ伏して倒れている父を見つけた時、 まだ父は42

記事を読む

ある都内の若手ナースの実話です

私は都内でナースをしています。 これは二年ほど前の話です。 ある病院で一人の患者さんを受け持

記事を読む

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった

子供の頃、 母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった。 高校になってから、母親が毎日お弁

記事を読む

帰ってきてくれた

昨年の夏休みの話 会ったこともない遠い親戚の葬式。親父が出席するはずだったんだけど、どうしても

記事を読む

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で

記事を読む

生まれてくれてありがとう

私は母親です。 出産後まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児

記事を読む

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

冷えたオムライス

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていい

記事を読む

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

→もっと見る


PAGE TOP ↑