*

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 泣ける話

Pocket

子供の頃、

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった。

高校になってから、母親が毎日お弁当を作ってくれたんだけど、
友達のほとんどは学食で食べていて、弁当持参っていうのが、なんか貧乏臭くて、カッコ悪くて、とても嫌だった。

ある日、いつものように弁当を作ってくれた母親に
「お前の弁当なんていらねーんだよ!」
と台所に捨ててしまった。

キョトンとした後に悲しそうなあの表情、今でも忘れられない。
その後怒るどころか、
「ごめんね。料理下手だから気に食わないんだね」って泣いてた。

結局その後お弁当は作らずに、毎日400円貰ってた。
母親の稼ぎは相当低かったのに、やりくりして出してたんだろうな。

何度も謝ろうとしたんだけど、言い出せなかった。

そんな俺も社会人になったんだが・・・

・・・、最近母親がガンで逝ってしまった。

家を片付けてると、学生の時に作ってくれていた弁当箱を発見した。

残してくれてたんだと、しみじみと思った。

結局、最後まで弁当を捨ててしまった事は、話題にすらせず、謝りもしないままだったことを思い返した。

朝早起きして作ってくれてたお弁当。
愛情がこもったお弁当。

なんであんな事してしまったんだろう、なんで一言謝れなかったんだろうって今でも後悔の念が反芻してる。

自炊するたびに、母ちゃんは手間隙かけて作ってくれてたんだなぁって痛感するよ。

本当にごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

お母さん、
虫のいい話ですが、今無性にお母さんのお弁当が食べたいです。

お母さん、会いたいです。

q01377

AD googleアドセンス

関連記事

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

誰かのために・・・

僕が看取った患者さんに、 スキルス胃がんに罹った女性の方がいました。 余命3か月と診断され、

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

機械音痴の母のデジカメの保存写真を見たら涙が止まらない

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。何

記事を読む

家猫クロとおふくろの関係。

中学生の頃に猫を飼った。 家族みんなが(特に母が)黒猫が好きで、満場一致で知り合いから黒子猫を貰っ

記事を読む

「ママ、パパ、ありがとう」6歳で亡くなった女の子の、愛の手紙

エレナ・デッセリッチちゃんは5歳のときにガンの宣告を受け、6歳でその短い生涯を終えました。 しかし

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

『ママからのビデオメッセージ』

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃん

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑