*

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 泣ける話

Pocket

子供の頃、

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった。

高校になってから、母親が毎日お弁当を作ってくれたんだけど、
友達のほとんどは学食で食べていて、弁当持参っていうのが、なんか貧乏臭くて、カッコ悪くて、とても嫌だった。

ある日、いつものように弁当を作ってくれた母親に
「お前の弁当なんていらねーんだよ!」
と台所に捨ててしまった。

キョトンとした後に悲しそうなあの表情、今でも忘れられない。
その後怒るどころか、
「ごめんね。料理下手だから気に食わないんだね」って泣いてた。

結局その後お弁当は作らずに、毎日400円貰ってた。
母親の稼ぎは相当低かったのに、やりくりして出してたんだろうな。

何度も謝ろうとしたんだけど、言い出せなかった。

そんな俺も社会人になったんだが・・・

・・・、最近母親がガンで逝ってしまった。

家を片付けてると、学生の時に作ってくれていた弁当箱を発見した。

残してくれてたんだと、しみじみと思った。

結局、最後まで弁当を捨ててしまった事は、話題にすらせず、謝りもしないままだったことを思い返した。

朝早起きして作ってくれてたお弁当。
愛情がこもったお弁当。

なんであんな事してしまったんだろう、なんで一言謝れなかったんだろうって今でも後悔の念が反芻してる。

自炊するたびに、母ちゃんは手間隙かけて作ってくれてたんだなぁって痛感するよ。

本当にごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

お母さん、
虫のいい話ですが、今無性にお母さんのお弁当が食べたいです。

お母さん、会いたいです。

q01377

AD googleアドセンス

関連記事

no image

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

愛猫の最期

物心ついた時からずっと 一緒だった猫が病気になった。いつものように私が名前を呼んでも、腕のなか

記事を読む

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目。

記事を読む

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」 私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤

記事を読む

いい子にするので、パパを返して下さい。

4歳になる娘が 字を教えてほしいと いってきたので、 どうせ、直ぐに飽きるだろうと 思い

記事を読む

no image

父からの未来への手紙

あゆみ結婚おめでとう。 今のお前はまだ5歳です。 昨日は「お父さん大好き」 今日は「お父さ

記事を読む

母のお弁当日記

私の母は昔から体が弱くて、 それが理由かは知らないが、 母の作る弁当はお世辞にも華やか とは言

記事を読む

本当に感動したときの言葉

一人のお母さんから、 とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、

記事を読む

社会ってそういうものよ

学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円! もう丸一日以上何も食べて

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑