*

今日から一年間

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 感動する話, 泣ける話

Pocket

お酒を一滴でも飲まないで下さい。
タバコもダメです。
スポーツは全て禁止、エステやマッサージも当然ダメです。

また、そのうちの6ヶ月は異常な吐き気、
倦怠感と戦い続けてください。

どんなに食べれなくても、
血が出るほど吐いても薬を飲んではいけません。

しかしあなたの食欲とは関係なく体はむくみ、
五キロは太るでしょう。

肌は荒れ、髪は抜け落ち、歯はボロボロになります。
吐き気と戦う6ヶ月が過ぎると、不眠の4ヶ月が続きます。
あなたの意思とは関係なく夜中に体が何度も起きます。
やはり、薬を飲んではいけません。

10ヶ月が過ぎたある日、
この世のものとは思えない痛みに1日襲われてください。
もちろん、麻酔や薬を飲んではいけません。

とにかく涙を流し

うめき

喘ぎ

叫び

耐えてください。

その1日を、耐えると
あなたの人生史上最も幸せな瞬間が訪れます。

今までの苦しみを全て忘れることができるほどの
幸福感に包まれます。

幸せな瞬間もつかの間、
次の日からまた不眠の2ヶ月が始まります。

今度は、一時間おきに一度必ず起きてください。
どんなに眠くても、疲れていてもです。

1日も欠かすことなく2ヶ月は続きます。
もっと長く続くこともあります。

それは、貴方の意思で終わらせることはできません。
疲れていても、風邪を引いても薬を飲んではいけません。
この短いようで長い物語は、主人公の変更ができません。

これが、【妊娠から出産】です。

苦しいことばかりじゃない。

でも、あえてこういう書き方をしました。

どうか、生半可な気持ちでSEXして子供を作ったりしないで。

パートナーが、妊娠したら、していたら
本当に大切にしてあげて。

甘く考えてはいけない。

尊い命の育みは
簡単なことじゃない。

この物語を老若男女、
全ての人に読んでもらいたい。

q01372

AD googleアドセンス

関連記事

「余命3か月」あなたは何が出来ますか?

すごい普通に生きてきたら取り返しのつかないガンになってた。で、先月の26日に、あと3ヶ月くらい

記事を読む

足が痛いから入院するよ

親友からの電話。 『たいしたことはないから一週間くらいだって』 笑いながらの連絡だった。 『そ

記事を読む

手紙だとずっと大切に保管できるのに

ある日、父が携帯を片手にノートに何か書いていた。 何をしているのかと聞いたら「お母さんから貰っ

記事を読む

一年が暮れようとしていた

一年が暮れようとしていた。 夕方頃、飲食店の入り口が開いたと思ったら、ひとりの女の子が妹と

記事を読む

最後の夕日

一月一日の 「初日の出」を拝む人はいるけれど 十二月三十一日の 「最後の夕日」

記事を読む

家族旅行の帰り道

数年前、 家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました その事故のせいで私は2本の松葉

記事を読む

特攻隊員の手紙

特攻隊の教官だった年配者の一人は、教え子が続々と出撃していく中で「必ずオレも後に続く!」と約束を繰り

記事を読む

社会ってそういうものよ

学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円! もう丸一日以上何も食べて

記事を読む

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑