*

高校最後の大会

公開日: : 泣ける話

Pocket

俺にとっての高校生活が終わった
終わってみると短いものだ

高校生活
たくさんの思い出があるが一番大切な思い出は部活のことだ
1年生の頃、サッカーの推薦で入学したが、俺はよく部活をサボってばかりいて、顧問に何度も怒られた
自分が大好きだったはずのサッカーが、中学の頃の出来事から、いつの間にかサッカーが大嫌いに変わっていた
正直、サッカー推薦で高校に入れたが、すぐに辞めようって思っていた

そんな自分を昔のサッカーが大好きだった頃にもどしてくれたのが、仲間と顧問だった
仲間も顧問も自分のことを見捨てないでいてくれた
こんなどうしようもない自分を…
そのことに気づいてから、支えてくれる人達を裏切りたくないって思った

それからは必死になって部活をした

3年生の引退試合
相手が悪く3ー0で完敗
試合が終わってから自分の無力さに泣いて、無駄な1年間をおくったことに後悔した…
そんな俺に顧問が
今の気持ちは一生忘れるな
忘れなければこの先もきっと大丈夫だ
と言った

時間は戻せない
改めて俺は痛感した…

部活を通して大事なことに気付いた
気づかせてくれた仲間や顧問がいた

卒業式が始まってからこの事を思い出した…
あっという間に卒業式が過ぎていって卒業生退場と言葉がかかった
教員1人1人に握手をして退場した
3年間お世話になった顧問の先生と握手をした

顧問の先生の目からは涙がこぼれていた
それを見て、俺は涙が溢れた

3年間お世話になりました

q01363

AD googleアドセンス

関連記事

自慢のお母さんが乳癌で亡くなった

私の父は私が5歳のときに白血病で亡くなりました。 それからは母が働き、祖母が私と弟の面倒をみるよう

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

ひとつ上のお兄ちゃん

三歳ぐらいの時から、毎日のように遊んでくれた1コ上の兄ちゃんがいた。 成績優秀でスポーツ万能。しか

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

一年が暮れようとしていた

一年が暮れようとしていた。 夕方頃、飲食店の入り口が開いたと思ったら、ひとりの女の子が妹と

記事を読む

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよくじぃちゃん家に泊まりに行ってま

記事を読む

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。 その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。

記事を読む

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

娘の結婚式

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。 「あの、バージンロードのことなんです

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑