*

家族旅行の帰り道

公開日: : 最終更新日:2014/07/10 感動する話

Pocket

数年前、

家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました

その事故のせいで私は2本の松葉杖なしには歩けなくなってしまったのです

私よりましだったものの、父も松葉杖が必要な身体になってしまいました

思春期には劣等感に悩まされ、死にたいと思ったこともありました

そんな時、いつも父が慰めてくれました

父も同じ痛みを知っているから、私の気持ちをちゃんとわかってくれていたのです

父の愛に励まされ無事大学にも合格し入学式の日、

父は私のことを誇りに思うといって涙ぐみました

そして、

入学式を終えて会場からでてきたとき

目の前で、信じられないことが起きたのです・・・

小さな子がひとりで車道へ飛び出しました

すると、

父は松葉杖を投げ捨てて、全力でその子のもとへ駆け出したのです

私は自分の目を疑いました・・・

父がその子を抱き抱えてもどってくるではありませんか・・・

「お父さん!」

私は驚きのあまり大きな声を出しましたが、父は何ごともなかったかのように、松葉杖をついてさっさと歩いていきます

「お母さんお母さんも見たでしょう?お父さんが走ったのを!」

母は淡々と答えました

「驚かないで、聞いてちょうだい。

いつかはあなかにもわかってしまうと思っていたわ。

お父さんはね、本当は松葉杖がいらないの、

あのとき、お父さんは腕に怪我しただけだったの。

それでも4年間、松葉杖を使ってきたのよ。

同じ痛みを背負わなければ、あなたを慰めてあげらないといってね」

知らず知らずのうちに涙が溢れてきました

「泣かないで。

お父さんはね、あなたを慰めてあげられる自分を誇りに思っていたのよ。

さっきは、あの子が車にひかれそうになって、あなと同じ目に遭うんじゃないかと・・・」

前を歩く父の後ろ姿を見ていると涙がこぼれ落ちてきました

つらいときは、いつもお父さんのふところで泣きました

いつも声をあげて泣いていたのは私だったけれど、父は胸の中でもっとたくさんの涙を流していたのかもしれません

お父さん、お母さん、ありがとう・・・

「心に残る感動の物語」より

q01345

AD googleアドセンス

関連記事

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

「俺が守ってやるから」 兄妹の感動する話

中学の頃、学校で いじめにあっていた。 教室に入れなくて いつも保険室に通っていた

記事を読む

理解者  きっとこの先もずっと、忘れられない言葉

この11年間も、きっとこの先もずっと、 忘れられない言葉がある。忘れたくない 気持ちがある。

記事を読む

二人目のお母さん ~今日からこの人がお前のお母さんだ~

俺が六歳の頃に親父が再婚して義母がやってきた。 ある日、親父が「今日からこの人がお前のお母さんだ」

記事を読む

やしきたかじんさんが愛されてきた理由

1999年10月5日。大阪・フェスティバルホール。50歳の誕生日を迎えた歌手・やしきたかじんさんは1

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

アンパンマンが許さないこと

アンパンマンは 「バイキンマンは悪い奴だ!  許さないぞ!」 とは言わない。

記事を読む

志村へ

この手紙をもって 俺のコメディアンとしての 最後の仕事とする。 まず、 俺の芸能人生を解

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑