*

ママ、あたしね

公開日: : 感動する話, 泣ける話

Pocket

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。

ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。
へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら

『あんたはママを苦しめたいの?
 ほんとにひどい子だ』
と悪態をついた日々。

赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。
母親の自信なんて、みじんもない。
ただ、もがくだけの日々。

あれから数年たって、娘は五歳になった。
「あのね、ママ…」(もじもじ)
「なぁに?」

「あたしね、ママのこと、
 生まれたときからすきだったの」

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。
やっと聞けた。
その言葉を聞いて台所でひとり泣いた。

q01340

AD googleアドセンス

関連記事

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫の家族と同居していた私は姑たち

記事を読む

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

全身の筋肉が骨化する難病と闘う女性の強さと美しさが人々の心をつかむ

英国で、難病におかされたある女性のドキュメンタリー番組が放映された。 病に屈しないその生き方、

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

家族旅行の帰り道

数年前、 家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました その事故のせいで私は2本の松葉

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

母から娘への手紙

私のかわいい娘へ。 私が老いていることに気付いたときには、落ち着いて受けとめてね。 何より、私が

記事を読む

お母さん、生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年とちょっと。 高齢出産だったこともあって、俺の同年代の 友達の親と比べると明

記事を読む

無愛想な人だった

産婦人科医院で働いていた時のこと。 Aさんの夫は営業というお仕事柄とても愛想が良くてさわやかで

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑