*

新しい家族に愛されて

公開日: : 感動する話

Pocket

一昨年の12月に
母に頼まれて届けものをするために
旦那と出掛けて行った。

そうしたら、
隣のアパートの一階のベランダに
女の子がいた。

届けものをして、
高齢の親戚宅の掃除などを
手伝ったりしていたので
4時間ほど居たのだが

帰りにふと見たら、
まだ子どもがベランダに居る。

ジャンプスーツ着てるとはいえ、
真冬に何やってんだ?

と思って話しかけた。

「何してるの?」

「おりゅすばーん」

「おうちの中にいないの?」

「おうちに入れないんだよー」

「!?」

ベランダ乗り越えて
窓動かそうとしたら
ガッチリ施錠してある・・・

そのまま、ベランダから外に出して

大家が私の親戚だったので、
親戚の家に行き
事情を説明。

親戚
「またか!!」

児童相談所と警察に通報して、
とりあえず子どもを風呂に入れた。

警察が来て、
両親の携帯に連絡してるのに帰ってこない。

通報されるのは5回目。

調べてみたら女の子は予防接種どころか
母子手帳もなく、野良出産。

よく今まで何もなかったなぁ…。

一昨年の夏までは
祖母宅にいたそうなのだが、
亡くなって親元に戻ってきていた。

その子の両親はクソッタレだ。

それどころか、
親戚みんながクソッタレだ。

そのクソッタレな親戚の話によると

旦那の本当の子どもじゃなく
奥さんが風俗で働いて居た時に出来た子。

極めつけには、
眠ってるままの女の子を

大家の庭の犬小屋前に置き去りにして
夜逃げしやがった。

そんな事があったらしい。

いろいろ巡り巡って
その女の子が家にいる。

長女として。

今月から年長からになるけど
幼稚園に通い出した。

施設にしばらく入ってたのだけど、
一連の話を見聞きしてた主人が

「迎えに行かない?」

と一言。

主人自身が、親の離婚で親戚の間を
たらい回しにされていた経験もあって、
ずっと気になってたそう。

小3の長男もいるのだけど
話をしたら、

「妹になってくれるかなぁ?」

って

なんで君たちそんないい人過ぎるのよ。

私の父に、旦那が

「俺らの子になって貰おうと思う」

って言った時
父が凄く泣いた。

父も母も賛成してくれた。

母は孫娘に憧れてたので喜んでた。

私も前置胎盤のせいで
子宮摘出してるから
2人目欲しくても無理だったし、

迷いはあったけど家に迎えた。

すごい素直ないい子だよ。

かわいいよ!

なんでこんな子置き去りにしてったの?!

ようやく正月明け位から
ママって呼んでくれるようになったよ。

絶対幸せにする!

息子が書き取り教えたり、
遊びに行くときも連れて行ったりする。

息子の友人たちにも
男女問わず遊んで貰ってる。

息子が宿題してるとき

「おにいちゃーん!」

突撃してっても
絶対に邪険にしない。

息子、男前すぎだと思った。

主人は、娘にかなり甘いので
パパっこになりそうな予感。

私の両親も
着せ替えするかのように洋服買ったり、
遊びに行ったり。

この前行ったディズニー

超楽しかった…。

娘が帰りたくない~!
って泣いてた。

すげぇいい人と結婚したなぁ私。

いい家族に恵まれたなぁ。

みんな大好き!

愛してるよ!

これからもっと大変になるだろうけど
頑張るぞ!!

AD googleアドセンス

関連記事

元上司に言われた、忘れられない言葉

「仕事とプライベートで 同時に重要な問題が起きたら、 プライベートを優先しなさい。

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

娘の結婚式

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。 「あの、バージンロードのことなんです

記事を読む

男の子二人組みの話。

男の子二人組みの話。 A「もしさぁ、お前のおかんと恋人がおぼれてたらどっち助ける?」 B「そ

記事を読む

記念日にもらった大切な指輪を無くした

記念日に買ってもらった大事な指輪。 先日、その指輪をなくしてしまった。 どんなに探しても見つ

記事を読む

花火の元

【花火の元】 ルーディーの足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、ポップコーンが散乱し

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

父親の職場

大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手。 というかあまり好きではなかった。 ワ

記事を読む

無償の愛でしょ?お金なんかいらない

おじいちゃんは老いから 手足が不自由でトイレも1人では厳しい。 だから、いつも

記事を読む

お小遣い

あるところに少年と母親だけで暮らしている家族がありました。 少年と母親は助け合い、 貧しいながら

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑