*

足が痛いから入院するよ

公開日: : 泣ける話

Pocket

親友からの電話。
『たいしたことはないから一週間くらいだって』
笑いながらの連絡だった。
『そっか、がんばれよ』
まあ日常的な会話。
その時たいして気には止めなかった。
一週間後。
まだ入院してるとのこと。
エロ本を土産に病院を訪ねた。
病室に入るとそこには右足のない親友がいた。
いっきに視野が狭まり親友が見えなくなった。
その日の夜久しぶりに自転車で一緒に通った高校まで走ってみた。
16年前と景色はさほど変わりない田んぼ道…。
涙が溢れて止まらなかった。
今はもうその親友はいない。
癌だった。
足を切断しても全身への転移は止められなかったらしい。
でも親友は死ぬ直前まで生きることを諦めてはいなかった。
死ぬ前の日
『足が痛いんだ…
退院した後困るからさすってよ。
今まで親に迷惑かけたからさ
退院したら家業を継ごうと思うんだ。
帳簿だけでもつけれるようになりたいから簿記教えてくれよ』
がんばってた。
すごくがんばってた…。
その日から自分自身
【がんばる】って言葉を
使わなくなった。
というか使えなくなった。
親友に失礼で…。
何十年後かに親友に会うことがあるだろう。
『いい人生送れたか?』
と聞かれたら
『うん、がんばったよ』
と言えるようなそんな人生を送りたい。

q00960

AD googleアドセンス

関連記事

泣いた赤鬼

山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。 赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

『ママからのビデオメッセージ』

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃん

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

母のお弁当日記

私の母は昔から体が弱くて、 それが理由かは知らないが、 母の作る弁当はお世辞にも華やか とは言

記事を読む

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

母の温もりを知りません

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

【泣ける話】大好きだったよ

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑