*

胎内記憶

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 感動する話

Pocket

「胎内記憶」ってご存知ですか?

妊娠中のママのお腹にいる赤ちゃんは
いろいろなことを
覚えているのだそうです。

この文章は、
障がいを持って生まれてきた
のあちゃん(3歳8か月)が、ママの質問に
文字盤(あいうえお表)を使って
話してくれた内容です。

*****************

ママ、パパに会いたかったよ。

よろこんできたよ。
自分で決めてきたよ。
学ぶためにきたよ。
これからも学んでいきます。

自分のからだは
自分でえらんだよ。
たいへんだったから、えらんだの。
たいへんだとおもしろいから、
えらんだの。

パパとママを
とても尊敬しています。
あいしています。

ママを先に見つけて
パパと会わせたの。

ママの子どものころからみていたよ。
ずっといっしょ。
ママをさがすのは
とてもとてもたいへんだったの。
のあのママは、ママしかいない。

パパの子どものころも見ていたの。
パパはやさしくて強いから。

のあはかみさまに会ったことあるよ。
とてもとてもすごくて、えらいひと。
みんな、会ったことあると思うよ。
「がんばって生きなさい」
と言われたよ。

AD googleアドセンス

関連記事

耳の不自由な女性

2年ほど前の話ですが。 その日バス乗ってたんですょ。 そしたら耳の不自由な女性が 乗ろぅと

記事を読む

ミッキー誕生の話

彼は子どもの頃から人を喜ばせるのが大好きでした。絵が得意で、絵をかいて皆が喜んでくれるのを見るのが何

記事を読む

無償の愛でしょ?お金なんかいらない

おじいちゃんは老いから 手足が不自由でトイレも1人では厳しい。 だから、いつも

記事を読む

【耳が聞こえない】

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。産まれたときから耳が聞こえなか

記事を読む

生まれてくれてありがとう

私は母親です。 出産後まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児

記事を読む

子どもたちに贈る家宝

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話 広島で講演をした時のことです。 講演

記事を読む

理解者  きっとこの先もずっと、忘れられない言葉

この11年間も、きっとこの先もずっと、 忘れられない言葉がある。忘れたくない 気持ちがある。

記事を読む

「会社を辞めたい」と呟いた。

「会社を辞めたい」と呟いた。 「大丈夫」と返してくる男がいた。 プロフィールには55歳。

記事を読む

「最も醜い女」と呼ばれた少女の半生がついに映画化。その人生に学ぶこと

1989年に生まれたリジー・ベラスケスさんは、「最も醜い女」と呼ばれながら10代の時を過ごしました。

記事を読む

【時間の銀行】

次のような銀行があると、考えてみてください。 その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドル

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑