*

尊い命に感謝すると言う事

公開日: : 最終更新日:2014/04/07 泣ける話

Pocket

去年の8月…
私は妊娠しました。

その年に見た桜があまりにも
印象的だったため、その子を
『桜』と名付けました。

私はそれまで仕事が忙しく
病院とは無縁の生活でした。。

久々の検診台にドキドキしながら
『ついで』のガン検診も一緒に
受ける事に。

1週間後に『中度~高度異形成』
さらに詳しい検査で『上皮内癌』
という診断結果に。

私の癌治療の手術が決まり、
9月6日…
お腹の赤ちゃんは天使になりました。

…話が前後してしまいますが
私の両親は他界しています。
父親は16の時事故で、母親は19歳
の時、ガンでした。

母の名前は『公雅子(くがこ)』といって
この名前が大好きだった母の戒名
には『雅』という字を入れました。

しばらくして、生んであげられなか
った桜を供養して頂きにお寺さん
へ行きました。

戒名に希望の一文字を入れていた
だけるという事で
『桜』とお願いしました。

1ヶ月後、お位牌が出来上がったと
の連絡を受けそれを見た私に言葉を
失う程の衝撃が走りました。。

頂いた戒名は
『雅桜(がおう)』水子之霊位

私は涙が止まりませんでした。
本当に偶然でした。

住職に話をすると、
『お母様がきっとそばにいて
くださっているのでしょうね』
と言ってくださいました。

結婚して、子供ができても
どこか孤独を感じていた私は
今までもずっと母が見守って
いてくれていたのだと感謝しました。

この病気を教えてくれた妊娠は
偶然ではなく必然だったのでした。

誰かが私に教えてくれました。
実は『桜』はお父さんだった
かもね。って。

またとめどなく涙が溢れてきました。

親孝行もろくに出来なかった
私が今出来る事は両親の分まで
しっかりと、生きていくこと…
ただそれだけです。。
z00006

AD googleアドセンス

関連記事

no image

父からの未来への手紙

あゆみ結婚おめでとう。 今のお前はまだ5歳です。 昨日は「お父さん大好き」 今日は「お父さ

記事を読む

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。 その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。

記事を読む

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

クソ親父と思ったこともあったけど

この夏の七月二十九日、弔問のため九十九里に赴いた。 弔問客は四十人くらいであったが、私にと

記事を読む

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目。

記事を読む

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くなってから4年後に届く手紙。

記事を読む

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

【過去からの手紙】

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫ったこ

記事を読む

泣いた赤鬼

山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。 赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑