*

チョコレート

公開日: : 最終更新日:2014/04/06 泣ける話

Pocket

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。

元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ねていくごとに弱っていくような感じだった。

冬なんて学校を休むのはいつもの事だった。
ちょっとした事で熱を出したり、それが悪化して肺炎になったり。
今年は入院もした。それくらい弱かった。

ある冬の日、学校から帰ってきて夕飯を食べた後。
ゴロゴロしていたらチョコレートが食べたくなったので近所のスーパーに買いに行こうとした。
家から300m程のかなり近いス―パで、よく行く店だった。
だが両親は寒いからダメだと言った。

わたしは「それくらいいいだろう…」と思った。
いくら体が弱いとはいえ、近所のスーパーくらいいいだろうと思ったのだ。

しばらく反論していたが、すると父親はわたしが先月入院した話をもってきた。
「そうやって寒い時に外出するから風邪を引くんだ。
それが悪化して肺炎になってお前は1週間も入院したじゃないか」と。

わたしはチョコレートが買いに行けないとか
お菓子が食べられないとかそういうのじゃなくて、
自分の身体の弱さで行動を制限される事が悔しかった。

身体が弱いから、正直外出してもしなくても倒れる時は倒れる。
だけど父はそれを聞いてくれなかった。

「お前は体が弱いから」

そう言われる事が悔しくて悲しくて、
情けない事にわたしは泣いてしまった。
そのまま布団に行って泣きながら眠った。

数日後。
昼食をつくるためにキッチンへ。
戸棚の下にある引きだしにパスタがあったので開けると、
そこには板チョコレートが何枚も入っていた。

祖母に理由を聞くと
「あんたのお父さんとお母さんが、あんたが夜の寒い時にチョコレート食べたいって言い出したらいつでも食べられるようにって買って来たんだよ。ばあちゃんも最初見た時はびっくりした」
と笑いながら話していた。

父と母はわたしがどうしてもチョコレートが食べたくて泣いたんだと思ったらしい。

何枚もの板チョコを見て、わたしは泣きそうになった。
もう自分の身体の弱さを自覚してわがままを言わないようにしようと思った。

AD googleアドセンス

関連記事

機械音痴の母のデジカメの保存写真を見たら涙が止まらない

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。何

記事を読む

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

象のお墓 戦争の悲惨さが伝わる動物園の話

戦争の残酷さがひしひしと伝わります。 上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。 お日様

記事を読む

生まれながらに才能のある者は

生まれながらに才能のある者は、 それを頼んで鍛錬を怠る、 自惚れる。 しかし、 生まれつきの

記事を読む

私が会った子どもたちは みんな可愛かった

私が会った子どもたちは みんな可愛かった。 笑っている子ども、 ふざけている子ども、 赤ちゃ

記事を読む

母のお弁当日記

私の母は昔から体が弱くて、 それが理由かは知らないが、 母の作る弁当はお世辞にも華やか とは言

記事を読む

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動する話)【漫画動画】 を

記事を読む

雨を見て

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

3年前に父親が死にました。

3年前に父親が死にました。 自営業だった工場が倒産して借金だけが残って それを返済するために他か

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑