*

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

公開日: : 恋愛, 泣ける話

Pocket

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

 

新郎新婦のふたりが結婚式をすると決めたのは、入院中の新婦のお母様がいたからでした。ガンを宣告されて、もう退院するのは難しいだろうと言われ、どうしてもお母様に自分の花嫁姿を見せたかったのです。

しかし、もともと新郎新婦のふたりが遠距離だったため、仕事やお互いの事情で都合がつかず、なかなか早く結婚式を挙げることができませんでした。結婚式に参加できるかも分からないお母様のために前撮りで自分の花嫁姿を見せようと考え、その時は病院の近くまで撮影に行き、なんとかお母様に新郎新婦の晴れ姿を見せることができました。

ですが、結婚式には間に合わず、お母様は天国へ逝ってしまいました。そのため、結婚式を挙げることをとりやめ、お母様が亡くなられて3年がたったころ、再び結婚式を挙げることになったお二人。その結婚式で、なんとお母様からのビデオメッセージが流れたのです。

もう自分の命が短いということ、結婚式には参加できないということを分かったうえで二人にお祝のメッセージを撮っていたのです。久しぶりに見るお母様の姿、心から晴れ姿を見て喜んでいるお母様を見て、新郎新婦の二人、そして周りの家族の方、出席している多くの人が涙しました。

なんといっても、お母様のメッセージ“生まれてくる孫におばあちゃんがいなくてごめんね”という言葉には多くの人が涙しました。家族の絆を感じることができる感動的な結婚式となりました。

AD googleアドセンス

関連記事

死ぬまで忘れる事は無い暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしてた頃の話です。 当時私は二十代半ば、彼女も同じ年でした。

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

クソ親父と思ったこともあったけど

この夏の七月二十九日、弔問のため九十九里に赴いた。 弔問客は四十人くらいであったが、私にと

記事を読む

がむしゃらだった、初恋 すべてを捧げた泣ける話

学生の頃、大好きだった人がいました。好きで、好きで、好きで。17歳から、22歳まで。5年間、彼のこと

記事を読む

娘の結婚式

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。 「あの、バージンロードのことなんです

記事を読む

ただ喋ってるだけだってわかってるのに

ただ喋ってるだけだってわかってるのに、 少し胸が痛むのは やっぱりあなたが大好きだからです。

記事を読む

【泣ける話】大好きだったよ

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親

記事を読む

冷えたオムライス

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていい

記事を読む

プロ野球のチケット

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑