*

台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

公開日: : 泣ける話

Pocket

おふくろからの1本の電話。
「お父さんが…死んでたって…」
死んだじゃなくて、死んでた?
親父とは小さい頃に離婚しててまともに会話すらした事がなく思い出もない。
借金背おって自分の事しか考えず家族はそっちのけ。

とにかく自分本位でおふくろはいつも愚痴ばかり溢してた。

ただ、そんな親父の小さい頃の話しを聞くと母親に捨てられ施設で育ったらしい。

愛情に欠けて生きてきたから仕方ないのかと思った時もあった。

お祖父さんは帰化申請をした朝鮮人。
小さい頃から
「朝鮮人はあっちいけ」
とバカにされてたらしい。

自分も親になって少しは親父の気持ちも分かり始めた時であった。

最後に会ったのは3年前、
子供と一緒に飯を食いに。

相変わらず何一つ喋らず、
黙々と食べ終わって帰ったっけな。

糖尿病で病院に行く金もなく、
インスリンを半年も打たず部屋にはチョコとかコーラが大量だった。
座椅子に座ったまま苦しんだ形跡もなく、
10日後に発見。

新年迎える前日だったらしい。

台所には甘口のカレーの作りかけの後があった。

ちゃんと作っておいてやったよ…

ちゃんと食ってやったよ…

涙が止まらなかった。

なんで言ってくれなかった!

最後の最後まで迷惑かけやがって!

一緒に酒飲みたかったなー、
温泉行きたかったなー。

親父らしい最後だったのかもしれないな…

AD googleアドセンス

関連記事

母の温もりを知りません

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当

記事を読む

最後の力を振り絞って

ある日変な違和感がして目覚ましたら目の前に何かがいた。 犬。ダックスフント。 「えっ?」と思

記事を読む

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

「余命3か月」あなたは何が出来ますか?

すごい普通に生きてきたら取り返しのつかないガンになってた。で、先月の26日に、あと3ヶ月くらい

記事を読む

冷えたオムライス

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていい

記事を読む

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは 「えwあの女と付き合ってるの

記事を読む

『ママからのビデオメッセージ』

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃん

記事を読む

父親の職場

大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手。 というかあまり好きではなかった。 ワ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑