*

【神様がくれた耳】 スティービー・ワンダー

公開日: : ちょっといい話

Pocket

アメリカの学校で理科の授業中
実験に使っていたマウスが逃げ
どこに隠れたのかわからなくなった

女性の教師はみんなに探させたが
見つからない

そこで全員を席に着かせ
自信たっぷりにこう言った

「これだけ探して発見できないのなら
あとは、モリス君にお願いしましょう」

途端に、ちょっと待って何でアイツが
という声があちこちから起こった

教室はざわめき、一人が
「モリスには無理です」
と手を挙げて言った

実はモリスは目が不自由なのである
教師は答えた

「なるほど、確かに目が不自由です
だからモリス君には無理だと
みんなは思うかもしれません

でも、先生は知っています
モリス君は目が不自由でも
神様から素晴らしい能力をもらっています

聴力です

それを生かせば必ず
マウスを見つけてくれると
先生は信じています

モリス君、お願いできますか?」

そして、モリスは期待に応えて捜し出した
そして、日記にはこう書き残した

「あの日、あのとき、僕は生まれ変わった
先生は僕の耳を神様がくれた耳と言って
褒めてくれた

僕はそれまで目が不自由なことを
心の中で重荷に感じていた

でも先生が褒めてくれたことで
僕には大きな自信がついた」

このマウス事件から十数年
神の耳を生かして音楽の道に進んだ
スティービー・モリスは

シンガー・ソングライターとして
鮮烈なデビューを果たす

スティービー・ワンダーという名前で!

AD googleアドセンス

関連記事

君が代の歌詞の意味

“あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になる

記事を読む

てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!

都内の某有名お花見スポットにお花見に行った時のこと。 その日は前日とは打って変わってやけに気温

記事を読む

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュの時代のこと、 ダービーという人が、コロラド州に金脈を持っていました。

記事を読む

最愛の妻と最愛の母のお話し

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも オカンは働きに行っていた。 そんな家だっ

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

あいさつって大切だよね。って思える話。

ツイッターで「バスで『ありがとう』とかツイッターで『おはよう』とかうざいしアホ」 …と、ツイー

記事を読む

「魚の釣り方」は自分で考えろ

「空腹の人に魚を与えても、一時的に飢えをしのげるだけで、根本的な解決にはならない。 いつでも自

記事を読む

小さなジェントルマン~空の上で本当にあった心温まる物語

おばあさんと学生服を着たお孫さんと思われる男の子の二人連れが登場なさいました。 機内に乗り込む時も

記事を読む

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに やってくるんだそうです。 幸せになるために 毎日一

記事を読む

人を嫌うときくらい一人で嫌いなさい

小学生のとき、親にこう怒られた   「人を嫌うときくらい一人で嫌いなさい。   わざわざ輪を

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑