*

10年後、絶対に後悔しない「5つの選択」※スマホは要らないかもね。

公開日: : 魔法の言葉

Pocket

10年後、絶対に後悔しない「5つの選択」

01.
自己を探求し、本当に望むことに挑戦
友人や家族など、自分の大切な人が好きなことにチャレンジするのは嬉しいこと。ですが、やはり“自分”が好きなことをするのも重要です。
まず第1のステップは、自分が愛するものを明確にすること。つまり、可能な限り自分自身について深く知るのです。どんなものにアツくなれるのか、それらについてどれだけ語れるのか──。決して他人のチャレンジだけで満足しないでください。

02.
受け身をやめて何事にも目的意識を持つ
物事をただ待つことは悪い習慣です。そんなものは、あなたをどこへも導きません。待っていたって世界はあなたに恩恵を与えてはくれないことを自覚し、自分自身で成し遂げることを意識してください。
世界がより心地いい場所に感じてきたら、あなた自身がベストな状態になってきた証拠。やっと本当に幸せな人生を始められるのです。自分の人生設計に責任を持ち、さらに努力していきましょう。

03.
スマホを置いて、「いま」を生きる
現代社会は私たちの思考を簡単にオフにしてしまいます。ルート検索により目的地までの道のりすら覚える必要はなく、何か素晴らしい物事に直面してもその素晴らしさに気付くのは、後々ウェブで検索をしてから、なんてことも。
だからこそ、いま目の前で起きているコトにフォーカスしませんか?それが何なのかを正しく認識することが大事なのです。

04.
仕事量を減らし、愛する人との時間を増やす
キャリアにおける成功は、決して過小評価されたりはしません。が、「働きすぎ」は、かけがえのない愛する人たちと過ごす時間をないがしろにしてしまうことにもなり得ます。たとえ週60時間以上働いたとしても、子どもの笑顔や会話、家族で楽しむ「いま」この瞬間は、決してお金で買うことはできないのです。

05.
「有害な人」にはサヨウナラを
身体的そして精神的に、あなたの人生を毒する人は溢れているものです。そんな人がいるなら、恐れずに縁を切りましょう。他者から敬われる最高の方法、それは何よりもまず自分を敬うことから始まるのです。

出典 ”http://tabi-labo.com/265713/wont-regret-10/”

AD googleアドセンス

関連記事

心を開いて「Yes」って言ってごらん

心を開いて「Yes」って言ってごらん。 すべてを肯定してみると答えがみつかるもんだよ。 by

記事を読む

あの時に戻れば上手くやれるわけじゃない

あの時に戻れば 上手くやれるわけじゃない あの時に経験したからこそ 成長できたし 今の自分が

記事を読む

【嫌われてもいい】と思えると楽になる。

「嫌われてもいいや」   「軽蔑されてもいいや」   「笑われてもいいや」   「馬鹿に

記事を読む

身を粉にして働くのは間違い!

身を粉にするな、頭を粉にせよ。 最悪のあとには必ず最善がある。 いかなる苦境にも屈しない

記事を読む

この時代に生きる私たちの矛盾

ビルは空高くなったが  人の気は短くなり 高速道路は広くなったが  視野は狭くなり お金を使

記事を読む

オンリーワン

部活の大会で、みんなから応援メッセージが書かれたボードをもらったことがあります。 その中に「ナ

記事を読む

「ペンは剣よりも強し」ということわざがあります。

「ペンは剣よりも強し」ということわざがあります。 これは真実です。 1人の子ども、1人の教師、1

記事を読む

生涯の旅路

私は私の一生の旅路において 今日というこの道を再び通ることはない 二度と通ることはない

記事を読む

「しあわせだね」って口にするだけで幸せになれるよ。

電車内。 推定3歳くらいの女の子が 「けしき、きれいだね。しあわせだね」 「お

記事を読む

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さんが「あのね、親戚とか友達とか

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑