*

「俺が守ってやるから」 兄妹の感動する話

公開日: : 感動する話

Pocket

中学の頃、学校で

いじめにあっていた。

教室に入れなくて

いつも保険室に通っていた。

いじめの事は家族にも言っていない。

ただ私のワガママで

保険室に通っているだけ、

と教師、両親は思っていた。

いじめは段々とエスカレートし、

また陰湿だった…。

でも回りに心配かけたく無くて、

いつも無理して笑っていた。

辛くて孤独でどうしようも無くて、

死んでしまおうと決心した日、

高校生の兄が修学旅行から帰って来て

私にお土産をくれた。

どこかのドライブインに

売っているような、

キーホルダーのオルゴール。

長崎に行って来たハズなのに…。

幼い頃から、兄と常に一緒にいたが、

兄にはいつもイジメられた記憶しか無い。

だから、長崎のお土産を

私にだけはくれなかった。

そう思った瞬間、

学校でのイジメと重なり、

私はそのお土産を

『こんなのいらない!!』

と投げつけてしまった…。

すると、その衝撃で

オルゴールがなった、

題名は知らないけど

『涙など見せない

 強気なアナタを

 こんなに悲しませてるのは誰なの?』

って言う歌詞の曲が…。

兄は、何も言わずに

そのお土産を拾おうとしゃがんだ。

兄は泣いていた。

初めて兄が泣いているのを見て、

呆然としていると、兄がポソリと言った。

『お前をイジメて良いのは、

 兄貴の俺だけだ。

 それ以外のヤツが

 お前をイジメるのは許せない。

 俺は知ってるから、

 お前が家で我慢して笑ってる事。

 小さい頃からいつも

 俺の前で泣いてたんだから、

 我慢なんかしなくて良いんだぞ。

 俺は、イジメてばかりの兄貴だけど、

 他人に妹をイジメられて

 黙っていられる兄貴じゃないからな。』

その言葉を聞いて、私は号泣、

学校のイジメの事を全て吐き出しました。

泣きすぎて喘息で咳き込みながら、

全部…。

兄は横に座って

聞いてくれていました。

全部話し終わると、

『よく頑張った』

と一言言って頭をポンポンと撫で、

『今日は寝ろ、

 明日は学校行かなくて良い』

と言って部屋から出て行きました。

暫く一階で母親と兄が

会話している声が聞こえてきました。

翌日から暫く学校を休み、

再び登校すると、

イジメはかなりされなくなっていました。

教師に聞くと、

兄が中学の教員室に乗り込み

ぶちギレて行った様でした。

高校の生徒会長が乗り込んで来た為、

教師も慌ててイジメに関して動き、

結果私を含め多人数が

イジメの被害にあっていた事も判明しました。

その何年か後、私は旦那と知り合い、

結婚式を挙げた時、兄貴は

『小さい頃から、

 俺は妹をイジメて泣かして来た。

 でも、お前をイジメるヤツは俺は許さない、

 どうかこれからは、俺の変わりに守ってやってくれ。』

と…。

兄ちゃん、

今日は兄ちゃんの結婚式だよ。

お返しに今日は

私が兄ちゃんを泣かすから。

Adorable girl and boy eating ice cream

AD googleアドセンス

関連記事

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャス

記事を読む

結婚式サプライズ「麻里子の教室」寿ビデオ大賞授賞

「ありがとう。」 夫からの目隠しの先に待っていた結末とは・・・?!

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

【耳が聞こえない】

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。産まれたときから耳が聞こえなか

記事を読む

オンリーワン

部活の大会で、みんなから応援メッセージが書かれたボードをもらったことがあります。 その中に「ナ

記事を読む

『サンタさんは居ます!』Yahoo知恵袋への回答が素晴らしい

わたしはサンタさんがいると思っています。 逆に、いないと言っている人の意味がわかりません。 サン

記事を読む

花火の元

【花火の元】 ルーディーの足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、ポップコーンが散乱し

記事を読む

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫の家族と同居していた私は姑たち

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

→もっと見る


PAGE TOP ↑