*

直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話

公開日: : ちょっといい話

Pocket

実話です。
埼玉県川越市のKさん(15)。
両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が学べる日本航空石川高の魅力は捨てがたい。
「推薦でダメだったら公立高校にする」が 約束だった。

16日午後11時半、JR長岡駅(新潟県)。
新幹線から乗り換える予定だった夜行列車が、折からの大雪で運休になってしまった。

「もう間に合わない」

同時に夢は「終わった」と思った。
母とともに立ちすくむ静かなホームで、涙が止まらなくなった。
泣いている瑠美子さんを母が

「絶対あきらめない」

とたしなめた。

そして、長岡駅を出た母は娘にヒッチハイクを提案した。
瑠美子さんは車が通りかかるたびに傘を振り回して合図。
吹雪の中を約2時間半歩き続けた。

午前4時半、ガソリンスタンドで給油している大型トラックが目に入った。
運転手の男性に駆け寄った。
神戸に行くという運転手は

「金沢までなら」

と乗せてくれた。

「同じ中3の娘がいる」

と言う運転手はヨコヤマと名乗った。
夜が明けるころ、金沢に入った。

「よし、輪島まで 行っちゃる」

とヨコヤマさんが突然、向きを変えた。
母と瑠美子さんが会場に着いたのは午前9時。試験開始のわずか10分前だった。
ヨコヤマさんは

「がんばれよ」

と励まして去って行った。
連絡先は教えてくれなかった。

試験の作文の題は

「私が感動したこと」

大反対しながらも懸命に励ましてくれた母のこと。
遠回りして会場まで送ってくれたヨコヤマさんのこと。

「人の優しさにふれることができ、感動、感謝、他にも色々と感じることができ、良かった」

と懸命に書き上げた。

後日、合格通知が届いた。
真っ先にヨコヤマさんに知らせたかったが、連絡先はわからない。
瑠美子さんは「感謝の気持ちを周りの人に少しずつ返していきたい」と思っている。

z00808

AD googleアドセンス

関連記事

小さなジェントルマン~空の上で本当にあった心温まる物語

おばあさんと学生服を着たお孫さんと思われる男の子の二人連れが登場なさいました。 機内に乗り込む時も

記事を読む

羨ましい老夫婦

前を歩いていた80歳くらいの老夫婦。 お婆さんがかなりいっぱい荷物持って、 お

記事を読む

嫌な事を1つ考えたら?

嫌な事を1つ考えたら 楽しい事を2つ考える 心配事が1つあったら うまくいった時の事を 2つ

記事を読む

天国と地獄

地獄にある食堂のテーブルの上には、たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。 食事の時間になると

記事を読む

見て見ぬふりをして見守る

エジプト考古学者 吉村作治さんが語る親 僕にも娘と息子がいますが、 子のすることをそばで

記事を読む

キングオブポップ、ロック&ソウル

「キングオブポップ、ロック&ソウル」 と称され伝説となったマイケルジャクソン。 もはや彼の説明は

記事を読む

他人の成功がうらやましく思える時は

【見えない真実】 他人の成功がうらやましく思える時は この絵を見るようにしてる。 見えてい

記事を読む

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュの時代のこと、 ダービーという人が、コロラド州に金脈を持っていました。

記事を読む

あの父親が泣いていたのは夢か事実か。。。

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、 夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き

記事を読む

祈りは通じる

アメリカの研究でこんな実験がありました。 末期がん患者を無作為に選んで、 AとBの2つのグループ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑