*

友達を亡くしたことで生きていることのすばらしさを知る話

公開日: : 最終更新日:2016/07/28 泣ける話

Pocket

前に載っていた『たかし君』のクラスメイトだった者です。
4年前、当時小学6年生の11月のこと。貴嗣君は亡くなりました。突然の別れでした。
お葬式には、学校を抜けて6年生みんなで行きました。特別仲良かったわけではないけれ
ど、棺桶に入った、真っ白で冷たく眠っている貴嗣君を見たら、どうしようもなく涙がこみあげてきました。前まで元気に学校に来てたじゃない!どうして?どうして!?
初めて人の「死」を間近に見たときでした。お葬式の最中、『believe』を泣きながらみんなで歌いました。友達を大切にしていた貴嗣君にぴったりの歌です。
帰り道には、みんな涙でぐしゃぐしゃになっていました。
それから…私達の学年は、『心の優しい学年だ』と中学を卒業するまで言われ続けました。
それも貴嗣君のおかげです。友達の大切さ、生きていることの素晴らしさなど、たくさん、たくさん教えてくれたのです。
今、私はもうすぐ高校2年生になろうとしています。小学校からの友達はバラバラになってしまったけれど、貴嗣君のぶんまで、頑張って1日1日を大切に生きていきたい。
貴嗣君、本当にありがとう。
z00803

AD googleアドセンス

関連記事

受け入れる心~感謝の心~

お釈迦様は、 この世の苦しみ・悲しみの根元は、 「思いどおりにならないこと」 と悟りました。

記事を読む

クソ親父と思ったこともあったけど

この夏の七月二十九日、弔問のため九十九里に赴いた。 弔問客は四十人くらいであったが、私にと

記事を読む

「余命3か月」あなたは何が出来ますか?

すごい普通に生きてきたら取り返しのつかないガンになってた。で、先月の26日に、あと3ヶ月くらい

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

チョコレート

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。 元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ね

記事を読む

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。    都会からの転校生に田舎の生

記事を読む

見知らぬ子供に涙し、幸せになったおじさんのお話

離婚するとき、私は妻と2 つの約束をした。 ひとつは年に一度、娘の誕生日だけは会いにきてもいい

記事を読む

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた。 そんなわけはないと、と言っても聞かず、冷蔵庫に決ま

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

継母の日記

私がまだ小学2年の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうこと

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑