*

友達を亡くしたことで生きていることのすばらしさを知る話

公開日: : 最終更新日:2016/07/28 泣ける話

Pocket

前に載っていた『たかし君』のクラスメイトだった者です。
4年前、当時小学6年生の11月のこと。貴嗣君は亡くなりました。突然の別れでした。
お葬式には、学校を抜けて6年生みんなで行きました。特別仲良かったわけではないけれ
ど、棺桶に入った、真っ白で冷たく眠っている貴嗣君を見たら、どうしようもなく涙がこみあげてきました。前まで元気に学校に来てたじゃない!どうして?どうして!?
初めて人の「死」を間近に見たときでした。お葬式の最中、『believe』を泣きながらみんなで歌いました。友達を大切にしていた貴嗣君にぴったりの歌です。
帰り道には、みんな涙でぐしゃぐしゃになっていました。
それから…私達の学年は、『心の優しい学年だ』と中学を卒業するまで言われ続けました。
それも貴嗣君のおかげです。友達の大切さ、生きていることの素晴らしさなど、たくさん、たくさん教えてくれたのです。
今、私はもうすぐ高校2年生になろうとしています。小学校からの友達はバラバラになってしまったけれど、貴嗣君のぶんまで、頑張って1日1日を大切に生きていきたい。
貴嗣君、本当にありがとう。
z00803

AD googleアドセンス

関連記事

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

もうこの世に居ない8歳の弟の日記 

もうこの世に居ない 8歳の弟の日記を見た。 弟の調子が悪そうだったので、 病院に連

記事を読む

滑り台の所に車椅子が一台停まってる

犬の散歩で近所の公園行ったら、小学生男子が五人くらい遊んでた。 彼らは滑り台で遊んでたんだが、

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

18歳の回天特攻隊員の遺書

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。 胸は日本晴れ。 本当ですよお母

記事を読む

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれていました。 ですがある日突

記事を読む

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」 私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤

記事を読む

ピザじゃない!

友人が居酒屋にイタリア人の友達を連れてきた。 飲み進むうちに食べ物を追加しようという話になり、

記事を読む

姉ちゃんの結婚が決まった夜

姉ちゃんの結婚が決まった夜 おふくろが死んでも涙こぼさなかった親父が 仏壇の前で号泣してたんだぜ

記事を読む

生まれてくれてありがとう

私は母親です。 出産後まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑