*

最愛の妻と最愛の母のお話し

公開日: : ちょっといい話

Pocket

俺の家は貧乏だった。
運動会の日も授業参観の日さえも
オカンは働きに行っていた。
そんな家だった。
そんな俺の15歳の誕生日。
オカンが嬉しそうに俺にプレゼントを渡してくれた。
ミチコロンドンのトレーナーだった。
僕はありがとうと言いつつも恥ずかしくて着れないな
と内心思っていた。
━━━……
その夜考えていた。
差し歯を入れるお金もないオカン。
美容院に行くのは最高の贅沢。
手はかさかさで化粧なんて当然していない。
こんなトレーナー買うくらいなら他の事に使えよ……。
そんな事を考えながらもう何年も見ていないアルバムを見たくなった。
若いときのオカンが写っている。
えっ!
俺は目を疑った。
それはまるで別人だった。
綺麗に化粧をし健康的な肌に白い歯を覗かせながら笑ってる。
美人のオカンがいた。
俺は涙が止まらなくなった。
俺を育てる為に女を捨てたオカン。
ミチコロンドンのトレーナーを腕に抱きその夜は眠った記憶がある。
それから少しばかり時は流れ俺は高校卒業後の進路を考えなければいけない時期になっていた。
大学進学はとっくに諦めていた。
学校で三者面談が行われた時オカンが先生に向かって言った。
『大学に行かせるにはいくらお金がかかるのですか?』
俺は耳を疑った。
びっくりしている俺を横目にオカンは通帳を先生に見せて
『これで行けますか?』
と真っ直ぐな眼で先生を見つめた。
それから俺は死に物狂いで勉強し大学に合格することができた。
郷里を離れる際オカンが俺に真っ赤なマフラーを渡してくれた。
学費を稼ぎながらの大学の生活は
苦しくもあったがマフラーを見ると元気がでた。
それから時は流れ会計士になった俺は来年の春、結婚する。
そして生活を共にする……。
俺と最愛の妻と最愛の母とで。
なんとしても二人を守ってみせる。
色褪せたトレーナーとほつれたマフラーを前にして俺はそう誓った。
サンキュー、オカン!

z00802

AD googleアドセンス

関連記事

抱きしめることが言葉より雄弁な時もある

(「死にたい」「手首を切った」、そんな相談に 水谷さんはどのように答えているのですか、の質問に)

記事を読む

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ屋さんと5歳の息子さんとのやり

記事を読む

かっこいい人って

かっこいい人って 『計算』ではなく 『情熱』をベースに 行動してる人じゃない?

記事を読む

人に迷惑かけちゃダメですよ

日本の親は、 「人に迷惑かけちゃダメですよ」 と教えるが、 インドでは、 「お前は人に迷惑か

記事を読む

天国と地獄

地獄にある食堂のテーブルの上には、たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。 食事の時間になると

記事を読む

「子を叱るのは親の責任」世界遺産の神社に置き紙 ネットに共感の声、書いた神職の思いとは

世界遺産にも登録されている京都の「宇治上神社」。この神社が作った参拝者向けの紙が話題になっています。

記事を読む

クリスマスの日の出来事

あるクリスマスの日の出来事です。 うちには6才の息子がいます。 我が家では、クリスマスイヴの

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

お忍びで夜の町を歩いていたところ…

■光武帝が夜遅く帰った時、門が閉まっていて入れてもらえないということがあ った。身分を門番に伝えて

記事を読む

【神様がくれた耳】 スティービー・ワンダー

アメリカの学校で理科の授業中 実験に使っていたマウスが逃げ どこに隠れたのかわからなくなった

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑