*

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

公開日: : 泣ける話

Pocket

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。

末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

余命宣告で半年が精一杯だって。

俺には娘がいる。

今年で10歳になるんだけど、マジで良い子なんだ。

母親いないんだけど、

グレずに真っ直ぐ育ってくれた。

ありがとう。

卒業式、見れそうにない。

ごめんな。

入学式、おめでとうって言ってやれそうにない。

ごめんな。

成人式、大きくなったお前を撫でてやれそうにない。

ごめんな。

本当にごめんな。

毎日、お前の笑う顔見て、お前の将来を思う。

どんな男と結婚するんだろうとか

どんな道に進むんだろうとか、孫の顔とか。

癌で死ぬ怖さより、

まだ小さいお前を1人にしちまうことが辛くて、苦しい。

謝っても謝りきれない。

だから、少しでもお前が笑えるように、

残った時間をお前と一緒に笑顔で過ごすよ。

安希、俺の娘に生まれてくれてありがとう。

z00790

AD googleアドセンス

関連記事

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

足が痛いから入院するよ

親友からの電話。 『たいしたことはないから一週間くらいだって』 笑いながらの連絡だった。 『そ

記事を読む

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食

記事を読む

台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

おふくろからの1本の電話。「お父さんが…死んでたって…」死んだじゃなくて、死んでた?親父とは小さ

記事を読む

小学生の時僕はイジメられていた

無視されたり叩かれたり・・・。死にたいとは思わなかったけど、学校に行くのはとても辛かった。イジメをす

記事を読む

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

あなたが苦しみから解放されたことだけが、唯一の私の救いです。

私が小学生の時、野良猫が家になついて子猫を生んだ。 メス一匹とオス三匹。 内、オス二匹は病気やら

記事を読む

【泣ける話】大好きだったよ

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親

記事を読む

小さな消防士

26歳の母親は、病院のベッドに横たわるわが子をただじっと見つめていた。 子どもは白血病で助かる見込

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑