*

変な名前のネコ

公開日: : 最終更新日:2014/12/09 感動する話

Pocket

11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。
俺たちの前によろよろと来るとペタンと腹をつけて座った。

「キタねー猫だなー。」

と思っただけで他に何とも思わなかった。
猫を飼っていた彼女がその猫を撫でながら言った。

「ここにいたら死んじゃうね。」

ヤングだった俺は頭にきた。

「何、病気なのか?死ぬと分かってて放っておくのは殺すのと一緒だろ!何言ってんだオメー。」

そのまま膝の上に乗っけて車を運転して帰った。

顔は目ヤニだらけ、鼻水で鼻はガビガビ、尻から出てきた回虫が俺のズボンの上を這っていた。
コホコホ咳をして、くしゃみで車のドアはベトベト、痰でゴロゴロいっていた。

「どうするの、その子?」
「治るまで俺が飼う。」
「じゃあ名前は?」
「うーん・・・痰が詰まってるから・・・痰助。」
「変な名前。」
「うるせー。」

風呂場で綺麗に洗って、シシャモとちくわを食わせた、びっくりする位食った。
獣医に連れって行って虫下しと風邪の薬を貰って帰った。

もともと飼い猫だったようで、トイレは最初からできた。
ペットが駄目なマンションだし、治って暖かくなったら逃がすつもりだったが、1週間で方針を変えた。

あっという間に倍くらいに太り、夕方になると玄関で俺の帰りを座って待つようになった。
当時は分からなかったが、そうとう歳をとった猫だった。
すごい食いしん坊だったが、歯が何本も抜けていて、毛も艶が無かった、一日中じっとしていた、走ることもめったになかった。
ちょうど1年後、痰助は死んだ。

板で小さな棺を作り、痰助に出会った湖の桜の木の下に埋めた。
 
今になれば分かる。
出会った日、あれは痰が詰まってたんじゃなく、嬉しかったんだと。

たんすけのおかげで、俺はすっかり猫バカになった。
今俺は10歳の小吉と6歳の良男と暮らしている。

今日も壁に掛かったコロコロのたんすけが行儀良く座って俺を見ている。

変な名前付けて悪かったな、たんすけ。
でも、今うちにいるやつらもみんな変な名前だから、勘弁しろよ。

z00654

AD googleアドセンス

関連記事

古き良き時代

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった 8月の下旬にはもう夕方の風

記事を読む

募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。

母「貯めてたのに本当にいいの?」 子「どうぶつの森我慢する。これで地震の人の家建てる。」

記事を読む

ワールドカップ最終節で見せた心優しきスウェーデン代表MFキム・シェルストレームのちょっぴり泣ける良い話

サッカーという競技の美しさに、 選手とピッチに入場する少年少女たちの姿がある。 彼ら彼女らの

記事を読む

こんな日常の出来事が

お友達家族と、 森の中のアスレチック広場に遊びに行きました。 息子とお友達、お父さん方、お母

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

史上最年少監督 『~わたしのパパとママ~』感動の動画!

もしも、子供が親の姿を撮影したドキュメンタリー映像を作ったら? 見えなかった子供の本音に感涙・

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

旦那へ。

旦那へ。 お母さんから聞いたで。 出産の時、30時間の陣痛のあげく 弛緩発作で意識がなくなった

記事を読む

勇気のいること

彼女の名前はニッキー。 近所に住むこの若い女性の生き方は、何年もの間私の大きな励ましとなっている。

記事を読む

ミルトン・エリクソンという有名な心理学者とあるおばあさんの実話

ある時、エリクソン博士の旅行先にお金持ちのおばあさんが訪ねてきました。 「私はお金に不自由は全くな

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑