*

余命宣告をうけたお父さん

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 泣ける話

Pocket

もうすぐ51歳になる5月を目前に
余命宣告をうけたお父さん。
体調良くないわぁ。

とこぼしてたけど仕事が
忙しいせいだと誰も疑わず、
咳が止まらなくなりようやく出来た休み
町医者に行ったらすぐに大病院へ。
即入院そして余命宣告。
でも諦めたくないからいっぱい調べて
色んな病院行って、
好きな事沢山しようって決めて孫と遊んで
それでもどんどん痩せて行ったお父さん。
入院中、
私に背をむけて寝ていたお父さんが
「ちょっと手ぇ貸して」
と言ってきた。
私は何か手伝って欲しいのかと思い
「何したらいい?」と尋ねると
「えーから手ぇ出して」と。
何か分からず右手を差し出したら
背を向けたままギュウっと握った。
細くなった背中は震えてた。
とても長い時間に思えたけど
きっと数秒の事だったと思う。
「ありがとう。もうええわ」と手放した。
その2日後に逝ってしまったお父さん。
本当に不器用なお父さんなりの
私へのサヨナラだった。
泣いてるとこも見せたくなかったんだよね?
言葉には出来なかったんだよね?
わかってるから安心してね。
ー泣ける話ちゃんねるー

z00759

AD googleアドセンス

関連記事

生まれながらに才能のある者は

生まれながらに才能のある者は、 それを頼んで鍛錬を怠る、 自惚れる。 しかし、 生まれつきの

記事を読む

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。 その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。

記事を読む

【泣ける話】大好きだったよ

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

お母さん、生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年とちょっと。 高齢出産だったこともあって、俺の同年代の 友達の親と比べると明

記事を読む

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよくじぃちゃん家に泊まりに行ってま

記事を読む

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食

記事を読む

最後の力を振り絞って

ある日変な違和感がして目覚ましたら目の前に何かがいた。 犬。ダックスフント。 「えっ?」と思

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑