*

余命宣告をうけたお父さん

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 泣ける話

Pocket

もうすぐ51歳になる5月を目前に
余命宣告をうけたお父さん。
体調良くないわぁ。

とこぼしてたけど仕事が
忙しいせいだと誰も疑わず、
咳が止まらなくなりようやく出来た休み
町医者に行ったらすぐに大病院へ。
即入院そして余命宣告。
でも諦めたくないからいっぱい調べて
色んな病院行って、
好きな事沢山しようって決めて孫と遊んで
それでもどんどん痩せて行ったお父さん。
入院中、
私に背をむけて寝ていたお父さんが
「ちょっと手ぇ貸して」
と言ってきた。
私は何か手伝って欲しいのかと思い
「何したらいい?」と尋ねると
「えーから手ぇ出して」と。
何か分からず右手を差し出したら
背を向けたままギュウっと握った。
細くなった背中は震えてた。
とても長い時間に思えたけど
きっと数秒の事だったと思う。
「ありがとう。もうええわ」と手放した。
その2日後に逝ってしまったお父さん。
本当に不器用なお父さんなりの
私へのサヨナラだった。
泣いてるとこも見せたくなかったんだよね?
言葉には出来なかったんだよね?
わかってるから安心してね。
ー泣ける話ちゃんねるー

z00759

AD googleアドセンス

関連記事

来年はお前がサンタさんだな…

6歳の娘が クリスマスの数日前から 欲しいものを手紙に書いて 窓際に置いておいたから、 早速

記事を読む

【犬の遺言】

人間は死ぬとき 遺言を書いて、 愛する人に全てを残すという ボクにもそういう事ができるなら

記事を読む

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょ

記事を読む

【泣ける話】妻へ

妻へ まだ高校生だけどしっかり者の 一人娘を遺してくれて有難う。 昨日の貴女

記事を読む

圭介って友達がいた。俺の親友だ。

圭介って友達がいた。 俺の親友だ。 何をするにも一緒だった。 周りから見たら気持ち悪いくらい。

記事を読む

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

雨を見て

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。

記事を読む

ひとつ上のお兄ちゃん

三歳ぐらいの時から、毎日のように遊んでくれた1コ上の兄ちゃんがいた。 成績優秀でスポーツ万能。しか

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑