*

ノーラッド・トラックス・サンタ

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ちょっといい話

Pocket

1955年、コロラドにある大手スーパーシアーズが
子供向けにサンタのホットラインを乗せた広告を出しました。
ところが、なんと
間違えた番号を載せてしまったのです。
その電話番号が、偶然にも、
アメリカ中央防衛航空軍基地の司令官へのホットライン
と同じ番号でした。
そして、子供から電話が入ります。
「サンタさんはいまどこにいるの?」

この偶然が今に続くプロジェクトを生みました。
そのプロジェクト名が(NORAD Tracks Santa)
「ノーラッド・トラックス・サンタ」

電話で応対することになった
ハリー・シャウプ大佐はこう答えます。
「レーダーで調べた結果、
サンタが北極から南に向かった形跡がある」

それ以来、多くの軍事スタッフや民間人職員らによる
サンタの追っかけ中継が始まったのです。
戦闘機や偵察衛星を繰り出して行う追跡は
お遊びの域を脱しています。
12月24日からNORADがサンタクロースの追跡を開始し、
サンタの居場所を随時掲載していきます。
その追っかけの様子は、こちらのサイトで。
http://www.noradsanta.org/

ちなみに、Googleも追跡サイトを作ってます。
こちらは可愛くて子どもが喜びそうな感じ。
http://www.google.com/santatracker/

AD googleアドセンス

関連記事

日本人が大好きな自慢話

「日本人が大好きな 【寝てない自慢】 【食べてない自慢】 【忙しい自慢】 【体調悪い自慢】等

記事を読む

あいさつって大切だよね。って思える話。

ツイッターで「バスで『ありがとう』とかツイッターで『おはよう』とかうざいしアホ」 …と、ツイー

記事を読む

【神様がくれた耳】 スティービー・ワンダー

アメリカの学校で理科の授業中 実験に使っていたマウスが逃げ どこに隠れたのかわからなくなった

記事を読む

少しづつ進みましょうよ

ぜんぶ、いっぺんに 解決することなんてできやしない。 … ひとつずつしかできない。 あれをや

記事を読む

忘れられないクリスマス

22歳で結婚した俺は、嫁さんに幸せになってもらおうと、必死に働いた。 子供も2人生まれて、

記事を読む

祈りは通じる

アメリカの研究でこんな実験がありました。 末期がん患者を無作為に選んで、 AとBの2つのグループ

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

『体』は・・・で作られる。『心』は?

『体』は 「水」や「食べ物」などでつくられる 『心』は 「言葉」や「想い」でつくられる

記事を読む

無くしたものを思い出して凹んでいたら

無くしたものを思い出して凹んでいたら、 インド人がこんな話をして慰めてくれた。 「人間の指って、

記事を読む

幸運のきかい

来る日も来る日も満員電車に揺られ、古新聞の数だけ退屈が増えていく代わり映えのしない日々。 そんなあ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑