*

私が会った子どもたちは みんな可愛かった

公開日: : 泣ける話

Pocket

私が会った子どもたちは
みんな可愛かった。
笑っている子ども、
ふざけている子ども、
赤ちゃんをおんぶした女の子、
さかだちを自慢そうに見せてくれた男の子、
いっしょにうたった子ども、
どこまでも、ついてきた子ども。
いろんな子どもたちに会った。
そして、
両親や姉兄を目の前で殺された子ども、
ゲリラに腕や足を切り取られた子ども、
親が蒸発し、小さい弟や妹を残された女の子、
親友だった家畜が、
飢えて死んでしまいぼう然としていた男の子、
家も学校も、すべて破壊されてしまった子ども、
難民キャンプを、たらいまわしにされている孤児たち、
家族を養うために売春する子ども。
だけど、
そんなひどい状況のなかで、
自殺をした子どもは、
一人もいない、
と聞いた。
希望も何もない難民キャンプでも
一人もいない、と。
私は、ほうぼうで聞いて歩いた。
「自殺をした子は、いませんか?」
「一人も、いないのです」
私は、骨が見えるくらい痩せて
骸骨のようになりながらも、
一生懸命に歩いている子を見ながら
一人で泣いた。
「日本では、子どもが、自殺してるんです。」
大きい声で叫びたかった。
こんな悲しいことが
あるでしょうか。
豊かさとは、なんなのでしょう?
私がいろんな子どもに会って
日本の子どもに伝えたかったこと。
それは、
もし、この本の中に出てきた発展途上国の子どもたちを、
「可哀想」
と思うなら、
「助けてあげたい」
と思うなら、
いま、あなたの隣にいる友達と
「いっしょにやっていこうよ」
と話して。
「みんなで、いっしょに生きていこう」
と手をつないで。
私の小学校、トットちゃんの学校には
体の不自由な子が何人もいた。
私のいちばんの仲良しは
ポリオ(小児マヒ)の男の子だった。
校長先生は、一度もそういう子どもたちを
「助けてあげなさい」
とか
「手をかしてあげなさい。」
とか、言わなかった。
いつも、言ったことは、
「みんないっしょだよ。いっしょにやるんだよ」
それだけだった。
だから私たちは、
なんでもいっしょにやった。
誰だって友だちがほしい。
肩を組んでいっしょに笑いたい。
飢えてる子どもだって、
日本の子どもと友だちになりたい、
と思ってるんですから。
これが、みなさんに、
私が伝えたかったことです。

z00681

AD googleアドセンス

関連記事

帰ってきてくれた

昨年の夏休みの話 会ったこともない遠い親戚の葬式。親父が出席するはずだったんだけど、どうしても

記事を読む

今日から一年間

お酒を一滴でも飲まないで下さい。 タバコもダメです。 スポーツは全て禁止、エステやマッサージも当

記事を読む

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。   新郎新

記事を読む

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動する話)【漫画動画】 を

記事を読む

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

一年が暮れようとしていた

一年が暮れようとしていた。 夕方頃、飲食店の入り口が開いたと思ったら、ひとりの女の子が妹と

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

普段俺のことをバカにしまくってるドーベルマンのロッキー

普段俺のことをバカにしまくってる ドーベルマンのロッキー しかし小学生のとき、ロッキーは

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑