*

あるお母さんが、言いました。

公開日: : 最終更新日:2014/12/11 魔法の言葉

Pocket

あるお母さんが、言いました。

「どうして、もっと早く走れなかったの!そうしたら、1番だったのに・・・」

隣のお母さんが、言いました。

「最後まで、走れたね。えらいね!初めて、最後まで走れたね!」

ひとりのお父さんが言いました。

「なんで、そんなに汚すんだ!絵の具があちこちについているじゃないか!」

隣のお父さんが言いました。

「絵の具の筆が持てたね!よかったね!つぎは色を塗ってみようか。」

ある上司が言いました。

「どうして君は、いつも間違うんだ!真面目にやってくれなきゃ困るんだよ!」

隣の上司が言いました。

「今日は、1回しか間違わなかったね。君の真剣さに感謝するよ!」

あるご両親が産まれて来た赤ちゃんを見て、言いました。

「もっと色白だったら、よかったのに・・・」

隣のご両親が言いました。

「産まれて来てくれて、ありがとう!かわいいベイビー待っていたよ。」
p01442

AD googleアドセンス

関連記事

幸せの7つの習慣

1、笑顔 2、他人と比べない  (比べるなら自分の過去と) 3、自分と友達になる 4、人から

記事を読む

後ろ向きに考えればピンチとなる どう考えたかが本当の問題

後ろ向きに考えればピンチとなる 問題が起きたことが問題ではなく どう考えたかが本当の問題

記事を読む

唯一 生き残るもの

もっとも強い者が生き残るのではなく、 もっとも賢い者が生き残るのでもない。 唯一生き残るのは、変

記事を読む

マザー・テレサのことば~考える時間を持ちなさい

考える時間を持ちなさい 祈る時間を持ちなさい 笑う時間を持ちなさい それは力の源 それは地球

記事を読む

人の悪口は、絶対に口にするな。

人の悪口は、絶対に口にするな。 人にしてあげたことは、すぐ忘れろ。 人にしてもらったこと

記事を読む

未来の自分を作る12の習慣

1.朝日を浴びる <体内時計をリセットする> 眠気をもたらすホルモンのメラトニンは、 朝の

記事を読む

幸せになるためにやめるべき30の項目

1.自分にふさわしくない人たちと   過ごすのをやめなさい   2.自分の問題から   逃げ

記事を読む

天才と凡才の紙一重の差とは?

天才と凡才って紙一重??? 自分を天才だと思ったことが無いし、実際天才だとは思ってないのでわか

記事を読む

90歳のおじいちゃんが書いた50訓が心に響く!

人生も終盤の大先輩にあたる90歳のおじいちゃんが書いた50訓が心に響く。 90歳以下の人全てに見て

記事を読む

STEVE JOBS Last Words -  スティーブジョブス最後の言葉

I reached the pinnacle of success in the busines

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑