*

「 泣ける話 」 一覧

おいルパン。これから俺は誰を追い続ければいいんだ

2014/07/18 | 泣ける話

初代ルパン三世役だった山田康雄が急逝した際、 葬儀で弔辞を読んだのは銭形警部役の納谷だった。 納谷は山田の遺影に向かって、 銭形警部がルパン三世に怒鳴るような口調で 「おいルパン。これ

続きを見る

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。 へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら 『あんたはママを苦しめたいの?  ほんとにひ

続きを見る

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

2014/07/09 | 泣ける話

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食事の支度に疲れ果て、仕事もうまくいかないことがよくあった。 家事もうまくこなせない私と息子を見

続きを見る

母の温もりを知りません

2014/07/05 | 泣ける話

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当時まだ、わたしは6歳でした。 保育園の卒園式の夜でした。 「一緒に寝る??」 わたしに

続きを見る

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。 今をきっちり見つめ目の前の人達と 向き合って生きて欲しいな。 去年のお話。 201

続きを見る

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。 きっとショック受けてんだろうなーと家

続きを見る

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校の頃遊びに行ったが、ほんとにそうだった。) 住み着いた猫が仔をつくり、その仔もまた仔をつくる。一時

続きを見る

私も早く会いたい

2014/06/26 | 泣ける話

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が無事では済まないこと、 お腹の赤ちゃんにも転移する可能性が高いことなどを告げられていたのに、 彼

続きを見る

成人式の日

2014/06/14 | 泣ける話

成人式の日、 それは美容室にとって、 大いに気合いが入る日。 その年の成人式も、夜中の午前2時からお客様を迎え入れ、 リポD飲んで気合いを入れてから、 手を休める事な

続きを見る

情けは人の為ならず

2014/06/13 | 泣ける話

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、 席を譲るようにしている。 一昨年の花見の帰り、 すっかり寝入った三歳の息子を、 抱っこし

続きを見る

帰ってきてくれた

2014/06/12 | 恋愛, 泣ける話

昨年の夏休みの話 会ったこともない遠い親戚の葬式。親父が出席するはずだったんだけど、どうしてもいけなかったので俺が代わりに出席することになった。 新幹線乗って田舎町へ。 周りも見たこ

続きを見る

冷えたオムライス

2014/06/11 | 泣ける話

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていいほど、ケチャップをつけてラップをかけたオムライスだった。 朝から夜まで働き通しだった母が忙しい時間

続きを見る

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

2014/05/29 | 泣ける話

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょっと顔を見合わせて苦笑いをしたぐらいだった。 父親が子供にいろいろ質問しては笑い、っていうのがえん

続きを見る

継母の日記

2014/05/27 | 泣ける話

私がまだ小学2年の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことはなかったんだけど、なんだか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べないでいた。 そんなぎ

続きを見る

「沖縄に行かない?」

2014/05/15 | 泣ける話

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目。」 と言ったのだが母はなかなか諦めない。 「どうしても駄目?」 「今大事な時期だから。

続きを見る

足が痛いから入院するよ

2014/05/14 | 泣ける話

親友からの電話。 『たいしたことはないから一週間くらいだって』 笑いながらの連絡だった。 『そっか、がんばれよ』 まあ日常的な会話。 その時たいして気には止めなかった。 一週間後。 まだ

続きを見る

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

2014/04/25 | 泣ける話

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思いをさせたくない。 あの若さで飛行機もろとも 相手の軍監に突っ込む時の 勇気心情を考えると

続きを見る

天国からの映像

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私の大好きなパパの紹介をさせて下さい。 私のパパは同い年のママと19歳の時に結婚して、 その年

続きを見る

いい子にするので、パパを返して下さい。

2014/04/18 | 泣ける話

4歳になる娘が 字を教えてほしいと いってきたので、 どうせ、直ぐに飽きるだろうと 思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている 保育園の先生から、電話があった。 「

続きを見る

3年前に父親が死にました。

2014/04/18 | 泣ける話

3年前に父親が死にました。 自営業だった工場が倒産して借金だけが残って それを返済するために他からの借金で埋めて……という悪循環。 私もサラ金から100万くらい借りていました。 自業自得とは

続きを見る

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑