*

てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!

公開日: : ちょっといい話

Pocket

都内の某有名お花見スポットにお花見に行った時のこと。

その日は前日とは打って変わってやけに気温の低い日だった。

温かい飲み物を求めて、最寄のスタバには客殺到。

私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。

暫く並んで、お店の入り口ももうすぐというところまで来た時、肩を叩かれた。

振り向くと、シロガネーゼ(古)風の巻き髪お化粧ばっちりの女性。推定35歳。
 
 
 
「これお願い。一緒に買ってきて」 と紙を差し出す。

紙はぐっちゃぐちゃに書かれた飲み物のオーダー。

しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など注文がうるさい。
 
 
 
事情が飲み込めず、ていうか誰この人?などと頭が混乱して固まっていると、

「だから!これを買ってこいっていってるの!」と追い討ち。え??

女「だからぁ!子供が小さいから!子供って体が繊細なの!風邪引いたらあなた

  責任取れるの?」

私「…?」

女性が指差すほうを見てみると、同じようなテイストの女性が数人とちびっ子たち。

どうやら「ママ友」たちとお花見に来た模様。

女「あなたどうせ並んでるんだから一緒でしょって言ってるの!」

私「……?」

女「メモ早く受け取りなさいよ。…あなた日本語通じる?日本人じゃないの?」
 
 
 
呆気に取られて声が出なかった私だが、ここでようやく一言発することができた。

ただし大いに混乱していたため、「どちらさまですか」という間抜けた一言。

我ながら(ノ∀`) アチャーと思ったところ、すぐ後ろから若い女の子が爆笑する声が聞こえた

(手叩き付き)。
 
 
 
振り向くと、私の後ろに並んでいた派手目なギャル2人(以下仮名Aちゃん・Bちゃん)が、

腹抱えて大爆笑していた。(ちなみに二人ともモデルさんのような美人だった)
 
 
 
「ちょwww他人wwwww他人に命令wwwwwwwありえねwwwwwwww」

「日本語通じるとかwwwwwwそれおめえだしwwwwwwwwどんだけwwwwwww」

「やマジ意味わかんねえしwwwwwwてかマジどちらさまだしwwwwwwww」
 
 
 
箸が転んでも可笑しいお年頃のギャルたちは、およそこんな感じでとにかく大ウケ。

女性の表情がみるみる般若のように変わり、私からギャルたちにロックオン対象変更。

顔を引き引きつらせながらギャルを睨みつけると、吐き捨てるように一言、

「下っ品な…親の顔が見てみたいわ」
 
 
 
どの面下げて親とか言ってんだよと私もさすがに頭にきて、

「あなたねえ!」と言いかけると
Aちゃんが私を軽く手で制した。

その後の彼女たちが、かっこよすぎて痺れた。
 
 
 
Aちゃん「確かにうちらチャラいけど、うちの親はウチ(=私)が寒いとか文句言ってても

寒いのはみんな一緒だから、お年寄りとかウチより辛いんだから、我慢しろって言うわけ。

ズルとかしないの。絶対。親がそんなだからウチはあんたのことありえないっつってんの。」
 
 
 
Bちゃん「うちの親、ウチが人にもの頼んで頭も下げなかったら、マジ100%ぶん殴るけどね
ウチのこと。

顔見たがるのは勝手だけど、あんたも超怒られるよマジで」
 
 
 
女性は顔真っ赤にして、眼球が飛び出るんじゃないかと思うような壮絶な表情で、

メモくしゃくしゃに丸めてギャルたちに投げつけて、ガツガツと去って行った。

ギャルたちは自分たちのことそっちのけで、女性に向かって
「てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!」

と怒ってくれた(女性は無視して行ってしまったが)。
 
 
 
私のせいでイヤな思いさせちゃってごめんなさいね、と彼女たちに謝ると、

Aちゃん「え、お姉さん被害者なのに謝るとか意味わかんないし!」

Bちゃん「てかマジ頭おかしいすよねーあのババァ。気にすることないと思う」

と逆に口々に励まされてしまった。
 
 
 
彼女たちの後ろに並んでいたおばさま方も、

「あなたたちやるわねえ!」「いい親御さんなのねー」

「でももっと女の子らしく喋りなさい。てめえなんて言っちゃダメ!」などと話しかけ、

彼女たちは照れくさそうに笑っていた。
 
 
 
ここからは余談。

彼女たちが「小腹減った」「ケーキやばい超うまそう」だけど
「新歓とかあるし金ヤバめ」なため

「じゃあ今日は我慢だね」

と話しているのを小耳に挟んだので、御馳走させていただくことにした。

自分の順番が回ってきたとき、

小声で「あの、後ろのお二人にケーキを…」とオーダーすると
店員さんは一瞬怪訝そうな顔をしていたが、

そこに別の店員さんが登場。

彼は一連の騒動の時に外の清掃をしていた人で、

レジの店員さんに事情を伝えてくれたらしい。
 
 
 
レジの店員さんは「あーなるほど」という表情に変わり、

「かしこまりました」とオーダーを受けてくれた。

ギャルたちのトレーにケーキが運ばれ、

「え、頼んでないですけど?」と戸惑う彼女たちに、

店員さんがニヤリと笑って私を指し、

「あちらのお客様からでございます」と伝えた。
 
 
 
彼女たちはこちらが恐縮するほどあたふたして、

Aちゃんは「何で?何で?」と繰り返し、

Bちゃんは「払いますっ」と言うが早いかバッグの中を大慌てで漁り始めた。
 
 
 
私「だってさっき助けてもらったんだから、これくらいのお礼はさせてもらわないと」

Aちゃん「お礼とかほんといいですから!」

Bちゃん「うちらそんなつもりでアレしたんじゃないんで!」

私「それはわかってるのよ?でも…」

押し問答になりそうだったところ、さっきのおばさま方が

「あなたたち、社会に出たら年上の人には御馳走してもらうのも礼儀のひとつよ」

「そうよー、ここはいただいちゃいなさいよ!」

と援護射撃をしてくれて、さっきのやりとりを見ていたらしい
 
 
 
店内のお客さんから小さな拍手なんかも起こって、

彼女たちはようやく承服してくれた。

「ありがとうございます!」と言われたので、

「そんな、こちらこそありがとうございました」と言って店を出た。
 
 
 
なんかもう本当にいい子たちだった。

z00699

AD googleアドセンス

関連記事

素直になれない息子と母親の微妙な関係。感動する話。

昨日気がついたら車で3時間かかるのにいつの間にか実家に帰っていた。 案の定、お袋は 「突然どうし

記事を読む

赤ちゃんの気持ち

あなたは、いまどんな気持ちでしょうか。 生まれる直前まで、赤ちゃんは可愛くて、いつでも無条件

記事を読む

幸運のきかい

来る日も来る日も満員電車に揺られ、古新聞の数だけ退屈が増えていく代わり映えのしない日々。 そんなあ

記事を読む

女なんて星の数程いると思ってた

男A「うぅ…ふられた…」 男B「…ドンマイ。女なんて星の数ほどいるさ」 A「さすがに

記事を読む

クリスマスの日の出来事

あるクリスマスの日の出来事です。 うちには6才の息子がいます。 我が家では、クリスマスイヴの

記事を読む

直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話

実話です。 埼玉県川越市のKさん(15)。 両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が

記事を読む

前向きに考えれば全てうまくいくよ

「恐れるよりも望もう。  愚痴るよりも深く息を吸おう。  駄弁る(だべる)よりも語ろう。  憎

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

他人の成功がうらやましく思える時は

【見えない真実】 他人の成功がうらやましく思える時は この絵を見るようにしてる。 見えてい

記事を読む

電車で泣いちゃった赤ちゃん・・・男子高校生のナイスな一言!

電車で泣いちゃった赤ちゃん。 「ちょっと、子ども黙らせなさいよ!」 とキレるお

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑