ハッピーバースデートゥーユー


娘と妻と三人で福岡に帰る日。

小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗することになりました。

今回、東京で手術をしていただいたのですが経過は順調とはいかず、この日は完治しないまま福岡に戻ることになったのです。

不安と緊張から顔がこわばった私たちを、たくさんのキャビンアテンダントさんが

「こんにちは」
「ご搭乗ありがとうございます」
「大丈夫ですよ」

と声をかけ、温かく迎えてくださり、少しだけ安心することができました。

娘はすぐにカーテンで仕切られた客室後方に運ばれストレッチャーからベッドに移され、胸元から足までいくつものベルトで固定されていきます。

担当してくださるキャビンアテンダントさんが

「どうぞよろしくお願いいたします。
何でもお気軽にお声をおかけくださいね。
おつらくはないですか?」

など、やさしく笑顔で話しかけてくれました。

さらに、ご自分の小学校時代の笑い話などをしてくださり、娘の緊張をだいぶ取り除いてくれました。

長時間の移動で疲れたのでしょう。

飛行機が動き出す頃には娘はスウスウと寝息をたてて眠っていました。

上空で、飲み物のサービスが終わったあと先程のキャビンアテンダントさんが声をかけてくださいました。

彼女といろいろお話ししているうちに、手術のことや娘が飛行機に乗るのを実は楽しみにしていたこと、今日が娘の10歳の誕生日であることなども思わず話してしまいました。

それからしばらくして、娘が目を覚ましました。

すると、二人のキャビンアテンダントさんがいらして、なんと「ハッピーバースデートゥーユー」と小声で歌ってくれたのです。

それだけではありません。

「おめでとうございます」と手作りのキャンディーバスケットとクルーの方々が書いてくださった、

励ましのメッセージ入りの絵葉書を持ってきてくださいました。

娘は突然の出来事にびっくりしながらも、うれしそうに微笑みました。

久し振りに見た娘の笑顔でした。

1番を歌い終わってくださった、と思ったらまた、「ハッピーバースデートゥーユー」が始まったのです。

それもカーテンの外から ・・・ 。

「え・・・どうしたの?」

カーテンを少し開けてみると私たちは周りにお座りの女性のお客様方が歌ってくれていたのです、娘のために。

その歌声はキャビンに響き渡りました。

気づくと男性の声も混じっていました。

多くの人の歌声がカーテン越しに聞こえたのです。

手術や入院生活の疲れも忘れてしまえるような、素敵な歌声でした。

娘の誕生日をこんな多くの人にお祝いしてもらったことは、これまでありませんでした。

胸がいっぱいになり、涙があふれ出てしまいました。

娘の目にも涙があふれていました。

カーテンで仕切られ、ベッドに寝ている娘の姿は見えないのに・・・。

「よかったね。こんなに多くの人にお祝いしてもらって、幸せだね」

「うん。こんなにたくさんの人にお祝いしてもらったのは初めて」

カーテン越しに聞こえた皆さんの歌を聴き「私に?」と尋ねた娘の顔は今でも忘れません。

これからも前途多難ですが、家族三人、力を合わせて生きていきます。

引用元: (三枝理枝子 空の上で本当にあった心温まる物語)

q01414

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス