*

ハッピーバースデートゥーユー

公開日: : 感動する話

Pocket

娘と妻と三人で福岡に帰る日。

小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗することになりました。

今回、東京で手術をしていただいたのですが経過は順調とはいかず、この日は完治しないまま福岡に戻ることになったのです。

不安と緊張から顔がこわばった私たちを、たくさんのキャビンアテンダントさんが

「こんにちは」
「ご搭乗ありがとうございます」
「大丈夫ですよ」

と声をかけ、温かく迎えてくださり、少しだけ安心することができました。

娘はすぐにカーテンで仕切られた客室後方に運ばれストレッチャーからベッドに移され、胸元から足までいくつものベルトで固定されていきます。

担当してくださるキャビンアテンダントさんが

「どうぞよろしくお願いいたします。
何でもお気軽にお声をおかけくださいね。
おつらくはないですか?」

など、やさしく笑顔で話しかけてくれました。

さらに、ご自分の小学校時代の笑い話などをしてくださり、娘の緊張をだいぶ取り除いてくれました。

長時間の移動で疲れたのでしょう。

飛行機が動き出す頃には娘はスウスウと寝息をたてて眠っていました。

上空で、飲み物のサービスが終わったあと先程のキャビンアテンダントさんが声をかけてくださいました。

彼女といろいろお話ししているうちに、手術のことや娘が飛行機に乗るのを実は楽しみにしていたこと、今日が娘の10歳の誕生日であることなども思わず話してしまいました。

それからしばらくして、娘が目を覚ましました。

すると、二人のキャビンアテンダントさんがいらして、なんと「ハッピーバースデートゥーユー」と小声で歌ってくれたのです。

それだけではありません。

「おめでとうございます」と手作りのキャンディーバスケットとクルーの方々が書いてくださった、

励ましのメッセージ入りの絵葉書を持ってきてくださいました。

娘は突然の出来事にびっくりしながらも、うれしそうに微笑みました。

久し振りに見た娘の笑顔でした。

1番を歌い終わってくださった、と思ったらまた、「ハッピーバースデートゥーユー」が始まったのです。

それもカーテンの外から ・・・ 。

「え・・・どうしたの?」

カーテンを少し開けてみると私たちは周りにお座りの女性のお客様方が歌ってくれていたのです、娘のために。

その歌声はキャビンに響き渡りました。

気づくと男性の声も混じっていました。

多くの人の歌声がカーテン越しに聞こえたのです。

手術や入院生活の疲れも忘れてしまえるような、素敵な歌声でした。

娘の誕生日をこんな多くの人にお祝いしてもらったことは、これまでありませんでした。

胸がいっぱいになり、涙があふれ出てしまいました。

娘の目にも涙があふれていました。

カーテンで仕切られ、ベッドに寝ている娘の姿は見えないのに・・・。

「よかったね。こんなに多くの人にお祝いしてもらって、幸せだね」

「うん。こんなにたくさんの人にお祝いしてもらったのは初めて」

カーテン越しに聞こえた皆さんの歌を聴き「私に?」と尋ねた娘の顔は今でも忘れません。

これからも前途多難ですが、家族三人、力を合わせて生きていきます。

引用元: (三枝理枝子 空の上で本当にあった心温まる物語)

q01414

AD googleアドセンス

関連記事

【耳が聞こえない】

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。産まれたときから耳が聞こえなか

記事を読む

旦那へ。

旦那へ。 お母さんから聞いたで。 出産の時、30時間の陣痛のあげく 弛緩発作で意識がなくなった

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

二人の少年がいじめについて歌う 自身の体験をもとにラップを

https://youtu.be/E3hbvErIpvE

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

天国からの映像

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私

記事を読む

親父の手

昔、子供の頃 よく親父と手を繋いで歩いた・・・ 親と手を繋いでみてください・・・

記事を読む

ワールドカップ最終節で見せた心優しきスウェーデン代表MFキム・シェルストレームのちょっぴり泣ける良い話

サッカーという競技の美しさに、 選手とピッチに入場する少年少女たちの姿がある。 彼ら彼女らの

記事を読む

日本女性の「3歩下がってついていく」本当の意味

https://youtu.be/21sLqIZ4fMA 昔から、「日本の女性は、男性から3歩下が

記事を読む

嫁の連れ子の一人娘の結婚式

一人娘の結婚式 俺が嫁と結婚したのと同じ歳。 お前はもらわれていく。 土曜日、一人娘の結婚式

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑