*

娘の結婚式

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 感動する話, 泣ける話

Pocket

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。

「あの、バージンロードのことなんですが、エスコート役は
直前でも変更可能なのでしょうか」

事前のお打合せでは、お父さまの足がご不自由なため、新婦の7つ年上のお兄さまがお父さまの代わりに歩かれることになっていました。

「大丈夫ですが、お兄さまのご都合が悪くなってしまったのでしょうか」

いったいどうしたのだろうと、おうかがいすると、

「娘には内緒なのですが、実は主人が歩く練習を
 しているんです」

「娘の結婚式が決まってからというもの、時間ができると『リハビリに連れて行ってくれ』と言うようになって、それも子どもたちには内緒で」

「バージンロードを歩くために、ですか」

私は胸がいっぱいになりました。

「わかりました。ぜひ、お父さまにお願いしたいです。」

支度を終えた新婦がバージンロードの前で待機していると、車椅子のお父さまとお母さま、そしてお兄さまがこられました。

「お兄ちゃん、よろしくね」

新婦が声をかけると、ウエディングドレス姿の妹を見つめながら、お兄さまは黙って首を横に振りました。

「えっ、どういうこと?」

答えの代わりに、お兄さまが少しかがんでお父さまに肩をかされました。

お母さまは既に涙ぐみながら、お父さまに杖を手渡されます。

「え・・・、お父さん?」

「行くぞ」

「・・・・はい」

新婦は瞳をうるませて、お父さまの腕に手をかけました。

お父さまがエスコートするのではなく、新婦がお父さまを助けるかのように支え、歩みを合わせているのが、こちらからもわかります。

お父さまは堂々と前を向かれ、歩みを進めていきました。

新郎の背中をぽん、と叩き「頼んだぞ」とお父さまの声が聞こえたような気がしました。

披露宴の半ば、

突然司会者がこう切り出したのです。

「本来、ここで祝電を披露させていただくのですが、

ここに一通のお手紙をお預かりしておりますので、ご披露させていただきます。

差出人は新婦のお父さまです。それでは、代読いたします。

しのぶへ。

私は静岡の田舎で男兄弟ばかりの中で育ったものだから、女の子をどう育てていいのかわからず、母親に任せっきりにしていました。

運動会や学芸会もほとんど行けず、仕事ばかりしてきた父親でした。

すまないと思っています。

ただ、父親の務めであると思いながら、どんな仕事も一生懸命やってきました。それだけは自信を持っています。

とはいっても、あなたにとってみれば、厳しくて、門限にもうるさくて、うざったい父親だったでしょう。

でも、君がうちの娘に生まれてきてくれたこと、

本当にうれしかったんだ。

今まで言ったことなかったけど、

本当にありがとう。

今日、あなたが花嫁となって、岡崎家の人間から梅村家の人になっていくこの日に、どうしても何かしたくて、

恥をしのんで、お母さんとリハビリをがんばった。

これで今まで何もできなかったことは許してもらえるとうれしいです。

寛くん。どうぞ、しのぶをよろしくお願いします

あふれ出る涙をぬぐう新婦。その横では、新郎がお父さまに向かって頭を下げています。

会場のあちこちで、鼻をすする音が聞こえてきました。

読み終えたお父さまからの手紙をしまった司会者が、もう一通、封筒を取り出しました。

「実は、新婦からもお手紙を預かっております。続けてご披露させていただきます」

その手紙にはこんなフレーズがありました。

「・・・いつも怒ってばかりで、門限も厳しくて、

お父さんの存在が嫌になったこともたくさんありました。

でも、今は、厳しく育ててくれたことにとても感謝しています」

先ほどまで堂々とされていたお父さまも、目を真っ赤にしていらっしゃいます。

会場は感動に包まれ、温かくやさしい拍手がしばらく鳴りやみませんでした。

--------------

「結婚式で本当にあった心温まる物語」

山坂大輔 著  あさ出版より

q01409

AD googleアドセンス

関連記事

子どもたちに贈る家宝

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話 広島で講演をした時のことです。 講演

記事を読む

いってらっしゃい

もう二十年位前の話です。 私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず、施設に預け

記事を読む

こんな日常の出来事が

お友達家族と、 森の中のアスレチック広場に遊びに行きました。 息子とお友達、お父さん方、お母

記事を読む

初任給の物語

某信用金庫に勤める二十歳の短大卒の女性が、 初月給を親のために使って喜んでもらおうと、

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

【耳が聞こえない】

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。産まれたときから耳が聞こえなか

記事を読む

あるマンガ家志望の若者の話

あるマンガ家志望の若者の話です。 彼が17歳のとき。 短編マンガが準入選に選ばれ、担当編

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり ある

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑