*

約束していたお子様ランチ

公開日: : 感動する話, 泣ける話

Pocket

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。
夫婦は2人掛けのカップル席に案内されると、『お子様ランチ2つ』と注文しました。
ところが、ディズニーランドには『お子様ランチは9歳まで』という決まりがありました。
キャストは丁寧に頭を下げて言いました。
『お客様、大変申し訳ございません。お子様ランチは、お子様限定のメニューになっております』
それを聞いた女性はがっくりと肩を落としました。
キャストは、女性がとてもがっかりしたのを見て、これは何か特別な理由があるのかも・・・と思い、
思い切ってたずねてみました。
『お子様ランチはどなたがお召し上がりになりますか?』
女性は静かに話し始めました。
『実は、子供がいたのですが、1歳のお誕生日を迎える前に、病気で亡くなったんです。
生前、子供の病気が治って元気になったら、いつか、3人でディズニーランドに行って、お子様ランチを食べようね・・・と約束していたんです
なのに、結局、その約束を果たすことができなかったんです。
今日は、子供の一周忌なのですが、子供の供養のためにその約束を果たそうと思ってディズニーランドに来たんです』
『かしこまりました。お子様ランチ、お2つですね。それでは恐れ入りますが、お席を移動していただけますか』
キャストは2人に向かって頭を下げると、2人掛けのカップル席からファミリー席に移動してもらいました。
そして、キャストは2人の間に、子供用のイスを準備すると、
『お子様はどうぞこちらに』
と、まるでそこに子供がいるかのように導きました。
しばらくすると、お子様ランチを3つ持ってきて、子供用のイスの前に、3つ目のお子様ランチを置いて言いました。
『こちらは、ディズニーランドからのサービスです。ご家族でごゆっくりお楽しみください』
2人はとても感激しました。
そして後日、ディズニーランドに手紙が届きました。
『お子様ランチを食べながら、涙が止まりませんでした。私たちは、まるで娘が生きているかのように家族の団らんを味わいました』
(元東京ディズニーランド総合プロデューサー堀貞一郎氏の話より)

q01408

AD googleアドセンス

関連記事

言葉ひとつ

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。 そのときにキッ

記事を読む

古き良き時代

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった 8月の下旬にはもう夕方の風

記事を読む

【犬の遺言】

人間は死ぬとき 遺言を書いて、 愛する人に全てを残すという ボクにもそういう事ができるなら

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

自分の人生の幸せに対する「覚悟」

「何を持っているか」「何が足りないか」ではなく、 自分の人生の幸せに対する「覚悟」がすべてを決めま

記事を読む

募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。

母「貯めてたのに本当にいいの?」 子「どうぶつの森我慢する。これで地震の人の家建てる。」

記事を読む

変な名前のネコ

11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。 俺たちの前によろよろと来るとペタン

記事を読む

あと何日。。。

いまご両親と離れて暮らしている人が 正月とお盆の10日くらいしか 実家に帰らないとする。

記事を読む

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャス

記事を読む

台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

おふくろからの1本の電話。「お父さんが…死んでたって…」死んだじゃなくて、死んでた?親父とは小さ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑