*

言葉ひとつ

公開日: : 泣ける話

Pocket

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。

そのときにキッチンで食事を作る大変さに、ご主人は初めて気がつきました。

料理を作るためにはメニューを考えたり、買い物をしたりすることも必要だとわかりました。

奥さんが元気だった頃、仕事から帰ってきたご主人は奥さんに、

「まだ、食事ができていないのか?」

と怒鳴っていましたが、奥さんは何の文句も言わずに、

「ビールを飲んで待っていてください」

と言って、ビールを出してくれていたそうです。

そのときの奥さんの姿を思い出して、ご主人は涙が出たそうです。

奥さんが亡くなって初めて洗濯をしたときには、水の冷たさに初めて気がついて、なぜ、奥さんの手が荒れていたのかがわかりました。

寒い日に、笑顔で洗濯物を干していた奥さんの姿を思い出して、こんな大変なことを毎日笑顔でしてくれていたのかと思ったそうです。

どうして、

「毎日、一生懸命に家事をしてくれてありがとう」

と一言だけでも、ねぎらってあげられなかったのだろうかと、とても後悔したそうです。

_______

「小さな幸せに気づく24の物語」
中山和義 著

q01406

AD googleアドセンス

関連記事

ピザじゃない!

友人が居酒屋にイタリア人の友達を連れてきた。 飲み進むうちに食べ物を追加しようという話になり、

記事を読む

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。

記事を読む

駄目な僕だ

11年前のはなしです。 当時付き合っていた彼女が妊娠しました… 僕は周囲の反対を押し切り、結

記事を読む

no image

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思

記事を読む

継母の日記

私がまだ小学2年の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうこと

記事を読む

もうこの世に居ない8歳の弟の日記 

もうこの世に居ない 8歳の弟の日記を見た。 弟の調子が悪そうだったので、 病院に連

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」 私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤

記事を読む

【泣ける話】妻へ

妻へ まだ高校生だけどしっかり者の 一人娘を遺してくれて有難う。 昨日の貴女

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑