*

志村へ

公開日: : 感動する話

Pocket

この手紙をもって
俺のコメディアンとしての
最後の仕事とする。

まず、
俺の芸能人生を解明するために、
DVDを買うようお願いしたい。

以下に、
コントについての愚見を述べる。
コントを考える際、

第一選択はあくまで
「笑いを取れば勝ち」
という考えは今も変わらない。

しかしながら、
現実には若手芸人の多くがそうであるように、

他人をバカにして笑いを取ったり、
素人にツッコミを入れるだけで
内輪受けに走っている事例が
しばしば見受けられる。

その場合には、
企画段階から綿密な計算と準備が必要となるが、
残念ながら未だ満足のいく
コントには至っていない。

これからのコントの復活は、
綿密な企画立案、
それとライブの復活にかかっている。

俺は、
志村がその一翼を担える
数少ない芸人であると信じている。

能力を持った者には、
それを正しく行使する責務がある。

志村には
コントの発展に挑んでもらいたい。

遠くない未来に、
素人いじりや他人をこき下ろすコメディが
この世からなくなることを信じている。

ひいては、
俺のネタを研究した後、
計算された笑いの一石として役立てて欲しい。

「「リーダーは活ける師なり。」」

なお、
最後に、
お笑い芸人でありながら、
多数の人を泣かせて旅立ったことを、
心より恥じる。
いかりや長介

q01399

AD googleアドセンス

関連記事

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 そ

記事を読む

この話を知っている人は必ず幸せになれ ますよ。

まず、みなさんに質問です。 自分で花屋で買った花束と、誰かから プレゼントされた花束、どちらがう

記事を読む

ドラえもんのび太の結婚前夜

しずかちゃんと出来杉くんが演じる白雪姫のラストシーンを劇の練習とも知らずに目撃したのび太は、顔を真っ

記事を読む

子どもたちに贈る家宝

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話 広島で講演をした時のことです。 講演

記事を読む

みんな違うのが当たり前

『考え方が違うから』 争う 『信じるものが違うから』 いがみ合う 『自分よりできるから』

記事を読む

あるマンガ家志望の若者の話

あるマンガ家志望の若者の話です。 彼が17歳のとき。 短編マンガが準入選に選ばれ、担当編

記事を読む

『サンタのDS』 ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~

数年前の震災後の話・・・ 当方宮城県民。 朝からスーパー並んでたんだが、私の前に母親と泣きべ

記事を読む

少年と、足を失った飼い犬

英国から病気のせいで引きこもりになった少年と、足を失った飼い犬との心温まるニュース 3本足の犬

記事を読む

手のかからない子に手をかけて

分娩台の上で産声を上げたときから 赤ちゃんは泣き始めます そして、泣き続けます その声

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑