*

特攻隊員の手紙

公開日: : 泣ける話

Pocket

特攻隊の教官だった年配者の一人は、教え子が続々と出撃していく中で「必ずオレも後に続く!」と約束を繰り返していました。

しかし、重要な職務を持ち妻と子二人の家族を持つ隊長には出撃命令は出されませんでした。

何度嘆願書を出してもだめです。

逆に妻は夫に死なないで欲しいと何度も説得を繰り返しました。

しかし、夫の決意があまりにも固いことを悟った妻は、「私たちがいたのでは後顧の憂いになり、思う存分の活躍ができないでしょうから、一足お先に逝って待っています」と遺書を残し、3才と1才の女の子を連れて入水自殺してしまいました。

引き上げられた妻子の遺体のそばで号泣した教官は再度血書嘆願を出しやっと出撃を認められたのです。

教官の遺書には「母とともに消え去った幼い命がいとおしい まもなく会いにいくからね お父さんの膝でだっこして寝んねしようね それまで泣かずにまっていてください」と書かれていました。

特攻隊員の妹さんへの遺書

「なつかしい静(しい)ちゃん! お別れの時が来ました。

兄ちゃんは、いよいよ出撃をします。

この手紙が届くころには、沖縄の海に散っています。

思いがけない父、母の死で、幼い静ちゃんを一人のこしていくのは、とても悲しいですが許して下さい。

兄ちゃんの形見として静ちゃんの名で預けてある郵便通帳とハンコ、これは静ちゃんが 女学校に上がる時に使って下さい。

時計と軍刀も送ります。

これも木下のおじさんに頼んで、売ってお金に換えなさい。

兄ちゃんの形見などより、これからの静ちゃんの人生の方が大事なのです。

もうプロペラが回ってます。

さあ、出撃です。

では兄ちゃんは征きます。

泣くなよ静ちゃん。

がんばれ!」

遺書を託された兵からの手紙

大石静恵ちやん、突然、見知らぬ者からの手紙でおどろかれたことと思ひます

わたしは大石伍長どのの飛行機がかりの兵隊です

伍長どのは今日、みごとに出げき(撃)されました

そのとき、このお手紙を わたしにあづけて行かれました

おとどけいたします

伍長どのは、静恵ちやんのつくつたにんぎやう(特攻人形)を大へん だいじにしてをられました

いつも、その小さなにんぎやうを飛行服の背中につつてをられました

ほかの飛行兵の人は、みんなこし(腰)や 落下さん(傘)のバクタイ(縛帯)の胸にぶらさげてゐるのですが、伍長どのは、突入する時にんぎやうが怖がると可哀さうと言つておんぶでもするやうに背中につつてをられました

飛行機にのるため走つて行かれる時など、そのにんぎやうがゆらゆらとすがりつくやうにゆれて、うしろからでも一目で、あれが伍長どのとすぐにわかりました

伍長どのは、いつも静恵ちやんといつしよに居るつもりだつたのでせう

同行二人・・・・仏さまのことばで、さう言ひます

苦しいときも、さびしいときも、ひとりぽつちではない。いつも仏さまがそばにゐてはげましてくださる

伍長どのの仏さまは、きつと静恵ちやんだつたのでせう

けれど、今日からは伍長どのが静恵ちやんの”仏さま”になつて、いつも見てゐてくださることゝ思ひます

伍長どのは勇かんに敵の空母に体当たりされました

静恵ちやんも、りつぱな兄さんに負けないやう、元気を出してべんきやうしてください

さやうなら

「母を慕いて」

母上様御元気ですか

永い間本当に有難うございました

我六歳の時より育て下されし母

継母とは言へ世の此の種の母にある如き不祥事は一度たりとてなく慈しみ育て下されし母

有難い母

尊い母

俺は幸福だった

ついに最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺

幾度か思い切って呼ばんとしたが何と意志薄弱な俺だったらう

母上お許し下さい

さぞ淋しかったでせう

今こそ大聲で呼ばして頂きます

お母さん

お母さん

お母さんと

(知覧特攻平和会館に残されている数多くの遺書や手紙より)

q01389

AD googleアドセンス

関連記事

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょ

記事を読む

no image

日本航空の国際線「客室乗務員」(フライトアテンダント)15年働いているベテランの方のお話

この方、経営者や、政治家、プロスポーツ選手など、これまでに多くの方と一緒のフライトをしてきたんですが

記事を読む

「余命3か月」あなたは何が出来ますか?

すごい普通に生きてきたら取り返しのつかないガンになってた。で、先月の26日に、あと3ヶ月くらい

記事を読む

象のお墓 戦争の悲惨さが伝わる動物園の話

戦争の残酷さがひしひしと伝わります。 上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。 お日様

記事を読む

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた。 そんなわけはないと、と言っても聞かず、冷蔵庫に決ま

記事を読む

滑り台の所に車椅子が一台停まってる

犬の散歩で近所の公園行ったら、小学生男子が五人くらい遊んでた。 彼らは滑り台で遊んでたんだが、

記事を読む

プロ野球のチケット

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

→もっと見る


PAGE TOP ↑