*

酔っ払い旦那の本音?

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 恋愛, 感動する話

Pocket

珍しく旦那がへべれけに酔ってご帰宅。
普段お酒相当強いからどうしたんだろって思ったら

夫「嫁ぇ〜愚痴を聞いてくださいよ〜」

私「はいはい」

夫「今日同僚5人くらいと飲んだんですよ〜、そしたらみんな結婚してるから嫁の話になってねぇ〜」

私「うんうん」

夫「そしたらみんなさ、ひどいんだよ、もう嫁は女として見れないとか、好きと嫌いに中間の存在だとか、
  いい人出来たら別れる可能性ゼロではないなぁとか」

私「ふ〜ん」

夫「でさ、俺はこう見えても嫁が超好きなんですよ、もう愛してるんですねぇ」

私「うん(キャー!)」

夫「こうさ、バカだなぁって思うかもしれないけど、いまだに嫁とちゅーしたりぎゅーってすると
  もうドキドキなんですよ
  だからもうその会話に入りづらくて、生返事しながら飲んでたら一升瓶空けちゃって」

私「w」

夫「俺はいまだにお前とぎゅーってする時は心の中で嫁愛してるよって毎回思ってるんですよ、
  キモイって思うかもしれないけど」

私「いやいやw」

夫「で、また来週そいつらと飲むんです。やだなぁって愚痴でした。寝ますねぇ」

んでもうベッドでいびきかいて寝てるw
ここまで酔っ払って口調が変になった夫初めて見たwつか私の事嫁ぇってw

萌 え 死 に ま し た よ 夫 !

普段そんなこと言う人じゃないから嬉しさ倍だったよw
酔っ払ってるから逆に混じりっ気の無い本心なんだなぁって思った。
普段から思われてて幸せ(;´Д`)

朝起きたら二日酔いのがらがら声で
「・・・俺昨日恥ずかしい事言ったよな!うわーうわー!」
とか言ってまた私を萌え殺す気か旦那!

今日は最近メタボ対策で自重してた
好物のカツカレーと発泡酒じゃないビール用意しておくぞ旦那!

これで最後だからまたしても書き殴らしてくれw
好物のカツカレー作ったら子供みたいに喜ぶ旦那

「そりゃ昨日あんなこと言われたらね〜w」

って言ったら旦那は恥ずかしがったんだけど、グイと私の肩を掴むと目をじっと見つめて

「あ〜・・・しらふの時にも言っておくけど・・・
愛してるよ○○。
あ〜・・・ずっと一緒にいてください」

だ、旦那〜(TДT)
ひねりもクソもないシンプルな言葉に思わず泣いたw
その直後の

「うわ恥かしいっ!酒持って来い!てかお前も飲め!飲んで忘れてしまえ!」

ってのも萌えた・・・!!!

結婚して十数年、子供も大きくなったのにまさかここまで愛されるとは・・・
好きだ、旦那!!!!!!

q01385

AD googleアドセンス

関連記事

no image

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

http://youtu.be/w8GIvGwXJTs アメリカと日本の違いかもしれない。

記事を読む

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 そ

記事を読む

愛とか恋とか

自分のことを   考えてもらいたい   想ってもらいたい   自分のほしいものを  

記事を読む

最後の夕日

一月一日の 「初日の出」を拝む人はいるけれど 十二月三十一日の 「最後の夕日」

記事を読む

【耳が聞こえない】

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。産まれたときから耳が聞こえなか

記事を読む

あなたを好きになれてよかった

あなたと出逢えて   あなたを好きになれてよかった       あたりまえだけど最初から

記事を読む

やしきたかじんさんが愛されてきた理由

1999年10月5日。大阪・フェスティバルホール。50歳の誕生日を迎えた歌手・やしきたかじんさんは1

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

痴漢しちゃうよ!

高校生のころ帰りの満員電車で居合わせた同級生に 「痴漢しちゃうよ」っていったら 「////うん」

記事を読む

古き良き時代

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった 8月の下旬にはもう夕方の風

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑