*

最後の力を振り絞って

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 泣ける話

Pocket

ある日変な違和感がして目覚ましたら目の前に何かがいた。
犬。ダックスフント。

「えっ?」と思って固まってたらそいつが鼻を噛みやがった。
急いで起きたらオカンが『その子ねぇ、今日から新しい家族よ』って。
おいおい。いきなりすぎだろ…

犬が嫌いな俺は素直に喜べなかった。
まぁ名前ないのもかわいそうだし俺はそいつにルイって名前つけた。

それからの毎日は俺とルイの戦いの日々だった。毎日俺の靴や鞄を噛んで俺が怒って部屋から追い出したら必死にドアをカリカリしてやんの。

でもウザいから無視してたらあいつベランダからまわって入ってきやがった。悪知恵だけはあんだから困るよ。
んで部屋入った瞬間足あげて寝てる俺の顔面にションベンかけやがった。

もう完全にブチ切れた俺はそいつを追いかけまわしたが足がはやくて追い付かない。

胴長短足のくせに何故か足がはやい。
まぁあの短い足で必死に逃げてる姿があまりに可愛くて許しちまった。

まぁとにかく悪戯が好きなやつだった。
ごはんの時も椅子から机にうつって俺のメシ食べようとしてんだけど足短いから机に乗れないんだよ(笑)んでいつも椅子から落ちてる。

ホント馬鹿なやつ。

ある日風呂からあがったらルイが玄関でゴソゴソしてやんの。
見たら俺の靴噛もうとしてて止めようとしたら靴ん中に顔入れたんだ。

その瞬間『カハッ…』ってえずいたんだよ。
おいおい…いくらなんでも失礼すぎだろ?
俺そこまで足臭くねぇよ…たぶん…

まぁこんな毎日もあっという間にすぎてルイもおじいちゃんになった。
もう悪戯する元気もないみたい。毎日寝てる。

ちょっと寂しかったな…ムカつくけど悪戯して逃げまわるお前がすごく可愛かった。

あんなに犬が嫌いな俺でもお前は可愛いと思えた。
ある夜ルイがたてなくなった。
ただただつらそうにしていた。

俺が名前を呼んだらフラフラしながら一生懸命に俺んとこきた。
頭なでてやったら必死に甘えてきた。
もうその時俺わかったよ。

あぁ…こいつもう死ぬんだって…

その夜一緒にねた。ずっと抱き締めながら。夢をみた。まだルイが元気だった頃の夢を。

目覚めたら泣いてた。急いで横みたらルイがいない。まさかと思い部屋を出たら玄関にルイがいた。あんなにつらそうにしていたルイが俺の靴くわえて走りまわってた。

『なんだよ…元気じゃねえか。昨日はたまたま甘えただけか』って思って学校の用意した。そしたらルイがかまってほしそうに見てきたから

おい!ってゆっておいかけたら昔みたいに短い足で必死に逃げてやんの(笑)まぁ遅刻しちゃいけないからなんとかつかまえて靴はいて…

『じゃぁなルイ!いってきます』ってゆったら嬉しそうにしっぽふってんの。
んでまぁ学校終わって帰った。また朝みたいに元気な姿で迎えてくれると思ってた。

でも帰るとみんな泣いてた。ルイ死んでた。なんで?朝元気だったじゃん。しっぽふってたよな?あれなんだったの?
オカンが泣きながらいった。

『ルイねぇ…アンタが家でた瞬間倒れてそのまま眠るように死んだわ…最後の力を振り絞ってアンタにいってらっしゃいって言いたかったのね』って…

なぁルイ…意味わかんねぇよ。最後の力振り絞ってってなんだよ。お前死ぬってわかってたのかよ。じゃぁなんで最後の力を俺なんかに使ったんだよ。

ホントは靴くわえて走りまわる元気なんかなかったくせになんでだよ!ホント馬鹿なやつだよお前は!俺お前になんもしてやれなかった…毎日毎日喧嘩して…なのにお前は最後まで俺のこと思ってくれてたんだな…

ホント馬鹿でウザい犬だけど世界で一番可愛いよ。
今でもたまに朝学校いくときお前が嬉しそうにしっぽふりながらいってらっしゃいってゆってくれてる姿が浮かぶよ。

なぁルイ…いつか俺もそっちいっくけどそん時は仲良くしような?
また靴くわえたりションベンしたらしばくからな(笑)

まぁ気長に待っとけ!

出典:kokoro堂

q01378

AD googleアドセンス

関連記事

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

友達を亡くしたことで生きていることのすばらしさを知る話

前に載っていた『たかし君』のクラスメイトだった者です。 4年前、当時小学6年生の11月のこと。貴嗣

記事を読む

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

尊い命に感謝すると言う事

去年の8月… 私は妊娠しました。 その年に見た桜があまりにも 印象的だったため、その子を

記事を読む

帰ってきてくれた

昨年の夏休みの話 会ったこともない遠い親戚の葬式。親父が出席するはずだったんだけど、どうしても

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

泣いた赤鬼

山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。 赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家

記事を読む

彼と半年前別れました。思い切り憎まれて別れました。

彼と半年前別れました。 思い切り憎まれて別れました。 ・・・・余命宣告を今日受けました。 間に

記事を読む

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。    都会からの転校生に田舎の生

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

→もっと見る


PAGE TOP ↑