*

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 泣ける話

Pocket

子供の頃、

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった。

高校になってから、母親が毎日お弁当を作ってくれたんだけど、
友達のほとんどは学食で食べていて、弁当持参っていうのが、なんか貧乏臭くて、カッコ悪くて、とても嫌だった。

ある日、いつものように弁当を作ってくれた母親に
「お前の弁当なんていらねーんだよ!」
と台所に捨ててしまった。

キョトンとした後に悲しそうなあの表情、今でも忘れられない。
その後怒るどころか、
「ごめんね。料理下手だから気に食わないんだね」って泣いてた。

結局その後お弁当は作らずに、毎日400円貰ってた。
母親の稼ぎは相当低かったのに、やりくりして出してたんだろうな。

何度も謝ろうとしたんだけど、言い出せなかった。

そんな俺も社会人になったんだが・・・

・・・、最近母親がガンで逝ってしまった。

家を片付けてると、学生の時に作ってくれていた弁当箱を発見した。

残してくれてたんだと、しみじみと思った。

結局、最後まで弁当を捨ててしまった事は、話題にすらせず、謝りもしないままだったことを思い返した。

朝早起きして作ってくれてたお弁当。
愛情がこもったお弁当。

なんであんな事してしまったんだろう、なんで一言謝れなかったんだろうって今でも後悔の念が反芻してる。

自炊するたびに、母ちゃんは手間隙かけて作ってくれてたんだなぁって痛感するよ。

本当にごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

お母さん、
虫のいい話ですが、今無性にお母さんのお弁当が食べたいです。

お母さん、会いたいです。

q01377

AD googleアドセンス

関連記事

最後の力を振り絞って

ある日変な違和感がして目覚ましたら目の前に何かがいた。 犬。ダックスフント。 「えっ?」と思

記事を読む

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

雨を見て

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。

記事を読む

私が会った子どもたちは みんな可愛かった

私が会った子どもたちは みんな可愛かった。 笑っている子ども、 ふざけている子ども、 赤ちゃ

記事を読む

友達を亡くしたことで生きていることのすばらしさを知る話

前に載っていた『たかし君』のクラスメイトだった者です。 4年前、当時小学6年生の11月のこと。貴嗣

記事を読む

見知らぬ子供に涙し、幸せになったおじさんのお話

離婚するとき、私は妻と2 つの約束をした。 ひとつは年に一度、娘の誕生日だけは会いにきてもいい

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑