*

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 泣ける話

Pocket

子供の頃、

母子家庭だったうちは、貧乏極まりなかった。

高校になってから、母親が毎日お弁当を作ってくれたんだけど、
友達のほとんどは学食で食べていて、弁当持参っていうのが、なんか貧乏臭くて、カッコ悪くて、とても嫌だった。

ある日、いつものように弁当を作ってくれた母親に
「お前の弁当なんていらねーんだよ!」
と台所に捨ててしまった。

キョトンとした後に悲しそうなあの表情、今でも忘れられない。
その後怒るどころか、
「ごめんね。料理下手だから気に食わないんだね」って泣いてた。

結局その後お弁当は作らずに、毎日400円貰ってた。
母親の稼ぎは相当低かったのに、やりくりして出してたんだろうな。

何度も謝ろうとしたんだけど、言い出せなかった。

そんな俺も社会人になったんだが・・・

・・・、最近母親がガンで逝ってしまった。

家を片付けてると、学生の時に作ってくれていた弁当箱を発見した。

残してくれてたんだと、しみじみと思った。

結局、最後まで弁当を捨ててしまった事は、話題にすらせず、謝りもしないままだったことを思い返した。

朝早起きして作ってくれてたお弁当。
愛情がこもったお弁当。

なんであんな事してしまったんだろう、なんで一言謝れなかったんだろうって今でも後悔の念が反芻してる。

自炊するたびに、母ちゃんは手間隙かけて作ってくれてたんだなぁって痛感するよ。

本当にごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

お母さん、
虫のいい話ですが、今無性にお母さんのお弁当が食べたいです。

お母さん、会いたいです。

q01377

AD googleアドセンス

関連記事

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食

記事を読む

来年はお前がサンタさんだな…

6歳の娘が クリスマスの数日前から 欲しいものを手紙に書いて 窓際に置いておいたから、 早速

記事を読む

特攻隊員の手紙

特攻隊の教官だった年配者の一人は、教え子が続々と出撃していく中で「必ずオレも後に続く!」と約束を繰り

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

3年前に父親が死にました。

3年前に父親が死にました。 自営業だった工場が倒産して借金だけが残って それを返済するために他か

記事を読む

姉ちゃんの結婚が決まった夜

姉ちゃんの結婚が決まった夜 おふくろが死んでも涙こぼさなかった親父が 仏壇の前で号泣してたんだぜ

記事を読む

no image

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思

記事を読む

言葉ひとつ

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。 そのときにキッ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑