3本のビデオ


サキちゃんのママは

重い病気と闘っていたが、

死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。

その時、サキちゃんはまだ2歳。

「あなた、サキのためにビデオを3本残します。

 このビデオの1本目は、
 
 サキの3歳の誕生日に。

 2本目は小学校の入学式に。

 そして3本目は…○○○の日に

 見せてあげてください」

まもなく、サキちゃんのママは

天国へと旅立った。

そして、サキちゃんの3歳の誕生日。

1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)

「サキちゃん、お誕生日おめでとう。

 ママ、うれしいなぁ。

 でもママはね、テレビの中に引っ越したの。

 だから、こうやってしか会えない。

 パパの言うことをよく聞いて、

 おりこうさんでいてね。だったら、ママ、

 また会いに来ます」

サキちゃんの小学校入学の日。

2本目のビデオ。

「サキちゃん、大きくなったネ。

 おめでとう……。ママ、うれしいな。

 どんなにこの日を待っていたか。

 サキちゃん、ちゃんと聞いてね。

 ママが今住んでいるところは、天国なの。

 だから、もう会えない。

 でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、

 ママ、もう一回だけ、会いに来ます。

 じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!

 ほうら、サキちゃんは料理や

 洗濯ができるようになりました」

そして3本目のビデオ。

そのタイトルは、こう書いてあった。

新しいママが来た日のサキちゃんに

そしてサキちゃんが10歳の時、

パパは再婚し、新しいママが来た。

3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。

なつかしいママの顔が映し出された。

「サキちゃん、おうちの仕事、

 がんばったね。えらかったね。

 でも、もう大丈夫。

 新しいママが来たんだから。 ……

 サキちゃん。今日で本当にお別れです。 ……

 サキちゃん、今、身長はどれくらい?
 
 ママには見えない。
(泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)

 ママ、もっと生きたい…。

 あなたのために、おいしいもの

 いっぱいつくってあげたい…。

 あなたの成長を見つめていたい…。

 じゃあ、サキちゃん、

 これがママの最後の魔法です。

 それは、『ママを忘れる魔法』です。

 ママを忘れて、パパと、新しいママと、

 楽しい暮らしをつくってください。

 では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」

そこでビデオは終わった。

しかし、サキちゃんに、

この魔法は効かなかった。

パパと、新しいママにも効かなかった。

ママは、みんなの心の中に、

ちゃんと残っていた。

そして今度は、サキちゃんが主役の、

4本目のビデオがつくられたのだった。

天国のママに見てもらうために

q01374

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス