*

3本のビデオ

公開日: : 感動する話, 泣ける話

Pocket

サキちゃんのママは

重い病気と闘っていたが、

死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。

その時、サキちゃんはまだ2歳。

「あなた、サキのためにビデオを3本残します。

 このビデオの1本目は、
 
 サキの3歳の誕生日に。

 2本目は小学校の入学式に。

 そして3本目は…○○○の日に

 見せてあげてください」

まもなく、サキちゃんのママは

天国へと旅立った。

そして、サキちゃんの3歳の誕生日。

1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)

「サキちゃん、お誕生日おめでとう。

 ママ、うれしいなぁ。

 でもママはね、テレビの中に引っ越したの。

 だから、こうやってしか会えない。

 パパの言うことをよく聞いて、

 おりこうさんでいてね。だったら、ママ、

 また会いに来ます」

サキちゃんの小学校入学の日。

2本目のビデオ。

「サキちゃん、大きくなったネ。

 おめでとう……。ママ、うれしいな。

 どんなにこの日を待っていたか。

 サキちゃん、ちゃんと聞いてね。

 ママが今住んでいるところは、天国なの。

 だから、もう会えない。

 でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、

 ママ、もう一回だけ、会いに来ます。

 じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!

 ほうら、サキちゃんは料理や

 洗濯ができるようになりました」

そして3本目のビデオ。

そのタイトルは、こう書いてあった。

新しいママが来た日のサキちゃんに

そしてサキちゃんが10歳の時、

パパは再婚し、新しいママが来た。

3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。

なつかしいママの顔が映し出された。

「サキちゃん、おうちの仕事、

 がんばったね。えらかったね。

 でも、もう大丈夫。

 新しいママが来たんだから。 ……

 サキちゃん。今日で本当にお別れです。 ……

 サキちゃん、今、身長はどれくらい?
 
 ママには見えない。
(泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)

 ママ、もっと生きたい…。

 あなたのために、おいしいもの

 いっぱいつくってあげたい…。

 あなたの成長を見つめていたい…。

 じゃあ、サキちゃん、

 これがママの最後の魔法です。

 それは、『ママを忘れる魔法』です。

 ママを忘れて、パパと、新しいママと、

 楽しい暮らしをつくってください。

 では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」

そこでビデオは終わった。

しかし、サキちゃんに、

この魔法は効かなかった。

パパと、新しいママにも効かなかった。

ママは、みんなの心の中に、

ちゃんと残っていた。

そして今度は、サキちゃんが主役の、

4本目のビデオがつくられたのだった。

天国のママに見てもらうために

q01374

AD googleアドセンス

関連記事

『サンタさんは居ます!』Yahoo知恵袋への回答が素晴らしい

わたしはサンタさんがいると思っています。 逆に、いないと言っている人の意味がわかりません。 サン

記事を読む

no image

【日本語字幕】世界中が涙したタイの感動CM

病気の母のため、薬を万引きしようとした少年に救いの手をのべた食堂のおじさん。その30年後、おじさんは

記事を読む

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

二人の少年がいじめについて歌う 自身の体験をもとにラップを

https://youtu.be/E3hbvErIpvE

記事を読む

小さな消防士

26歳の母親は、病院のベッドに横たわるわが子をただじっと見つめていた。 子どもは白血病で助かる見込

記事を読む

サーカスの入場券

私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を

記事を読む

奇跡

これは私が小学校一年の時の話です。 私には年上のいとこがいてとても 面倒見が良く毎日のように

記事を読む

熊本の名校長・最後の授業

私が考える教育の究極の目的は 「親に感謝、親を大切にする」です。 高校生の多くはいま

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

「会社を辞めたい」と呟いた。

「会社を辞めたい」と呟いた。 「大丈夫」と返してくる男がいた。 プロフィールには55歳。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑