*

雨を見て

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 泣ける話

Pocket

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。
じいちゃんが介護してた。

いろいろ大変だったみたいだけど、会話はできているようで、人が思うほど大変じゃないよって言ってた。

ばあちゃんの家に行くと、いろんな事が紙に書かれている。

「冷蔵庫は閉めましょう」「電気は消しましょう」「トイレは←」「ふく、くつした↓」とか、いろんな字がじいちゃんの手で半紙に筆で書かれていた。

書いてあれば守ってくれるんだって。

じいちゃんはいつも一緒にいてあげたけど、どうしても区役所とか病院に薬をもらいにとか出かける事がある。
心配だけど「外には出ないこと」と玄関に書いておけば、大人しく待っていてくれたんだって。

ある日、じいちゃんが出かけた。もちろん玄関には「外には出ないこと」

それなのに、じいちゃんが戻ってきたら、ばあちゃんは家のすぐ前で車に轢かれてしまっていた。
救急車で運ばれた。

じいちゃんが駆けつけると、待っていたかのように、じいちゃんの手を強く握って天国へ行った。
じいちゃんはとても悔やんだ。家族全員も悔しかった。

今まで書いてあることは必ず守ってたのになぜ家を出たんだろう。

家族同然の付き合いをしていた隣のおばちゃんが話をしてくれた。事故の直前、急に雨が降ってきた。

おばちゃんは布団を取り込みに庭に出た。すると、ばあちゃんが傘を持って慌てて道路に出てきた。

ばあちゃんの病気をおばちゃんは知ってたから、心配になって、ばあちゃんの方へ向かったその時に事故が。

じいちゃんが勤めていた頃、ばあちゃんは雨が降ると必ず駅までじいちゃんを迎えに行ってた。

ちょっとでも雨が降ると必ず迎えに行ってた。
雨を見て、じいちゃんが家に居なくて、傘を持っていこうとしたのだろう。

それだけ、じいちゃんが好きだった。
じいちゃんもばあちゃんが好きだった。

じいちゃんもしばらくして病気で天国へ行った。
ばあちゃんが持っていた傘と一緒にお墓に眠っている。

じいちゃん、ばあちゃん達は幸せだったんだろうな。

出典 泣話

q01371

AD googleアドセンス

関連記事

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」 私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤

記事を読む

小さな消防士

26歳の母親は、病院のベッドに横たわるわが子をただじっと見つめていた。 子どもは白血病で助かる見込

記事を読む

ひとつ上のお兄ちゃん

三歳ぐらいの時から、毎日のように遊んでくれた1コ上の兄ちゃんがいた。 成績優秀でスポーツ万能。しか

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

成人式の日

成人式の日、 それは美容室にとって、 大いに気合いが入る日。 その年の成人式も

記事を読む

no image

日本航空の国際線「客室乗務員」(フライトアテンダント)15年働いているベテランの方のお話

この方、経営者や、政治家、プロスポーツ選手など、これまでに多くの方と一緒のフライトをしてきたんですが

記事を読む

冷えたオムライス

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていい

記事を読む

人事を尽くして天命を待つ?【天命にまかせて人事を尽くす】

【天命にまかせて人事を尽くす】 未来は勝手に向こうから やってきます。 未来からや

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑