*

見知らぬ子供に涙し、幸せになったおじさんのお話

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 感動する話, 泣ける話

Pocket

離婚するとき、私は妻と2 つの約束をした。

ひとつは年に一度、娘の誕生日だけは会いにきてもいいということ。

もうひとつは、そのときに自分が父親であるという事実を娘には明かさないでほしいということ。

自分が父親だということを言えない。
それは私にとってつらい決まり事ではあったが、娘にとってはそれが最良の選択だあることもわかっている。

年に一度、娘の誕生日を一緒に祝えるだけでも感謝しないといけない。

それ以来、娘の誕生日にはプレゼントを買い、ふだんは着ないスーツを着て母子に会いにいった。

元妻は私のことを「遠い親戚のおじさん」と紹介した。

娘も冗談なのかなんなのか私のことを「見知らぬおじさん」と呼んだ。

娘が小学校にあがる年のことだ。

例年通り私がスーツを着てプレゼントを持って母子のもとを訪れると、元妻から「もう会いに来るのは最後にしてほしい」と言われた。

そろそろいろんなことを理解してしまう歳だからと。

それが理由だという。

私にはわかっていた。

新しいことがはじまろうとしているのだ。

娘にもやがて一緒に誕生日を祝う同級生ができるだろう。

元妻は、再婚を考えているかもしれない。

そんなところに〝見知らぬおじさん〟がいてはいけない。

それ以来、母子と会うことはなくなった。

だが娘の誕生日だけはどうしても忘れられず、毎年プレゼントだけは贈り続けた。

筆箱や本などささやかなものを、差出人の欄になにも書かず送った。

それを元妻が娘に渡してくれていたかどうかはわからないが、ただ「娘の誕生日を祝う」という行為だけが小さな楽しみになっていたのだ。

それも、娘が中学生になる年にはやめようと決めていた。

娘からすれば私は知らないおじさん、こうしてずっとプレゼントが届いても迷惑だろう。

娘には新しい未来がある。私も別の道を歩まなければいけない。

ただ娘の幸せだけを願い、英語の辞書を送って最後にした。

それから一ヵ月ほど経ったある日、私のアパートに郵便物が届いた。

差出人の欄にはなにも書かれていない。

小さな箱を開けてみると、中から出てきたのは紺色のネクタイピンとメッセージカード。

メッセージカードを開くとそこには初めて見る可愛らしい文字が並んでいた。

<いつも素敵な誕生日プレゼントをありがとう。
私もお返しをしようと思ったのだけど誕生日がわからなかったので(汗)今日送ることにしました! 気に入るかなあ……見知らぬ子どもより>

その瞬間はっとした。

その日は、父の日だった。

引用:この世で一番大切な日

q01370

AD googleアドセンス

関連記事

社会ってそういうものよ

学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円! もう丸一日以上何も食べて

記事を読む

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 そ

記事を読む

尊い命に感謝すると言う事

去年の8月… 私は妊娠しました。 その年に見た桜があまりにも 印象的だったため、その子を

記事を読む

おいルパン。これから俺は誰を追い続ければいいんだ

初代ルパン三世役だった山田康雄が急逝した際、 葬儀で弔辞を読んだのは銭形警部役の納谷だった。

記事を読む

人生が上手くいかない時はどうすればよいですか?

2014年12月、NHK「あさイチ」のプレミアムトークに、ゲストとして出演した美輪明宏さん。

記事を読む

ばあちゃんと自転車

俺、老人苦手。 「おばあちゃんこ」とか「おじいちゃんこ」とかってスゴイ。 老人慣れしてるヤツ

記事を読む

no image

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

http://youtu.be/w8GIvGwXJTs アメリカと日本の違いかもしれない。

記事を読む

理解者  きっとこの先もずっと、忘れられない言葉

この11年間も、きっとこの先もずっと、 忘れられない言葉がある。忘れたくない 気持ちがある。

記事を読む

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

死ぬときに後悔すること25

1000人の死を見届けた医師である大津秀一さんの、 「死ぬときに後悔すること25」(致知出版社

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

→もっと見る


PAGE TOP ↑