*

子どもたちに贈る家宝

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 感動する話

Pocket

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話

広島で講演をした時のことです。

講演を終えて控え室に戻ると、中年の婦人がお礼のあいさつに見えました。

この時のテーマは「父から娘へ伝えること」というものでしたが、

婦人は

「つい自分の両親のことを思い出し、涙ぐんでいました」

と、こんな話を聞かせてくださいました。

******************************

私が主人と結婚しようと決心した時、主人が私の実家の両親にあいさつに来てくれました。

父母は私達の結婚を喜んでくれ、型通りのあいさつが済むと、父が仏壇から1冊の貯金通帳を取り出してきました。

それは私も知らないものでした。

父は主人と私の前にその貯金通帳を開くと、

「娘のために貯金してきたものです。

わずかですが、ぜひ使ってください」

と主人に言いました。

通帳をのぞくと、金額で84万円入っていました。

びっくりしたのは、1回も出金がなかったことと、入金欄に小さな数字がずっと並んでいたことです。

その1回の入金額はすべて150円以下でした。

つねに88円とか、120円とか、65円とかでした。

本当にわずかなお金でしたが、娘の私のために両親が苦労して貯めた貯金通帳でした。

主人は父と母の苦労を察して、とうとうその貯金通帳を受け取りませんでした。

それから何年か経って、父が亡くなった時のことです。

主人が突然

「あの貯金通帳をもらえないものだろうか。

中身のお金は1円も要らないから」

と言いました。

私も同じ気持ちでしたから、実家に行って通帳を探しましたが、見つかりませんでした。

帰宅すると、私は主人に

「どうしてあの貯金通帳がほしかったの」

と改めて尋ねました。

すると主人は

「自分たちの子どもの家宝にしたかった。

子どもたちにこまかい数字がずっと並んでいる貯金通帳を見せて、

おじいちゃん、おばあちゃんがあなたたちのお母さんである娘のために、この通帳の数字のように、
わずかなお金を少しずつ貯金してきた気持ちを子どもたちに知ってほしかった」

と答えました。

すばらしい話に感動した私は、婦人に

「良いお父さん、お母さんに恵まれましたね」

と言いました。

すると、婦人はうれしそうに、

「ええ、世界一のお父さん、お母さんでした」

と言われました。

_______

「しあわせを感じる喜び」
林覚乗 著
文芸社より
_______

q01369

AD googleアドセンス

関連記事

あるクリーニング店の張り紙

「あなたが失業中で明日の面接のためにきれいな服装が必要なら、無料でクリーニングをします。」

記事を読む

**大切な人に贈りたい24の物語**より 星野監督の話

星野監督は多くの選手から慕われていますが その理由がわかる話を聞きましたので紹介します

記事を読む

お父さんのお誕生日会 ~感動する話。娘たちからのプレゼント~

20年以上前にテレビで見た実話 パパ、ママ、小学生3人の3姉妹の 仲良し5人家族 ある日ママが

記事を読む

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

記事を読む

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動する話)【漫画動画】 を

記事を読む

いってらっしゃい

もう二十年位前の話です。 私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず、施設に預け

記事を読む

花嫁の電話

由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。 ときどきわが家に電話を借りに

記事を読む

ミルトン・エリクソンという有名な心理学者とあるおばあさんの実話

ある時、エリクソン博士の旅行先にお金持ちのおばあさんが訪ねてきました。 「私はお金に不自由は全くな

記事を読む

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャス

記事を読む

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

クリスマスの夜のケーキ屋で。小さな女の子がケーキを買おうとしたけど・・・

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験し

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

→もっと見る


PAGE TOP ↑