*

子どもたちに贈る家宝

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 感動する話

Pocket

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話

広島で講演をした時のことです。

講演を終えて控え室に戻ると、中年の婦人がお礼のあいさつに見えました。

この時のテーマは「父から娘へ伝えること」というものでしたが、

婦人は

「つい自分の両親のことを思い出し、涙ぐんでいました」

と、こんな話を聞かせてくださいました。

******************************

私が主人と結婚しようと決心した時、主人が私の実家の両親にあいさつに来てくれました。

父母は私達の結婚を喜んでくれ、型通りのあいさつが済むと、父が仏壇から1冊の貯金通帳を取り出してきました。

それは私も知らないものでした。

父は主人と私の前にその貯金通帳を開くと、

「娘のために貯金してきたものです。

わずかですが、ぜひ使ってください」

と主人に言いました。

通帳をのぞくと、金額で84万円入っていました。

びっくりしたのは、1回も出金がなかったことと、入金欄に小さな数字がずっと並んでいたことです。

その1回の入金額はすべて150円以下でした。

つねに88円とか、120円とか、65円とかでした。

本当にわずかなお金でしたが、娘の私のために両親が苦労して貯めた貯金通帳でした。

主人は父と母の苦労を察して、とうとうその貯金通帳を受け取りませんでした。

それから何年か経って、父が亡くなった時のことです。

主人が突然

「あの貯金通帳をもらえないものだろうか。

中身のお金は1円も要らないから」

と言いました。

私も同じ気持ちでしたから、実家に行って通帳を探しましたが、見つかりませんでした。

帰宅すると、私は主人に

「どうしてあの貯金通帳がほしかったの」

と改めて尋ねました。

すると主人は

「自分たちの子どもの家宝にしたかった。

子どもたちにこまかい数字がずっと並んでいる貯金通帳を見せて、

おじいちゃん、おばあちゃんがあなたたちのお母さんである娘のために、この通帳の数字のように、
わずかなお金を少しずつ貯金してきた気持ちを子どもたちに知ってほしかった」

と答えました。

すばらしい話に感動した私は、婦人に

「良いお父さん、お母さんに恵まれましたね」

と言いました。

すると、婦人はうれしそうに、

「ええ、世界一のお父さん、お母さんでした」

と言われました。

_______

「しあわせを感じる喜び」
林覚乗 著
文芸社より
_______

q01369

AD googleアドセンス

関連記事

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたん

記事を読む

【祈りの手】

いまから500年ほど前、ドイツのニュルンベルグの町に 「デューラー」と「ハンス」という若者がい

記事を読む

おとん いつもありがとう

おとんの小銭入れがくったくたになっていたので父の日のプレゼントに買った かぶっちゃいけないと思って

記事を読む

ハッピーバースデートゥーユー

娘と妻と三人で福岡に帰る日。 小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗するこ

記事を読む

プレゼントを買うのに付き合った

友達に頼まれて プレゼントを買うのに付き合った。 最近いい感じになってる人がいて 告白のつ

記事を読む

婦警さん

私がしたのではなくて、見たものですが前に住んでいた団地で刃物を使った事件がありました。 それを撃退

記事を読む

勇気のいること

彼女の名前はニッキー。 近所に住むこの若い女性の生き方は、何年もの間私の大きな励ましとなっている。

記事を読む

『サンタさんは居ます!』Yahoo知恵袋への回答が素晴らしい

わたしはサンタさんがいると思っています。 逆に、いないと言っている人の意味がわかりません。 サン

記事を読む

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。

記事を読む

**大切な人に贈りたい24の物語**より 星野監督の話

星野監督は多くの選手から慕われていますが その理由がわかる話を聞きましたので紹介します

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

→もっと見る


PAGE TOP ↑