*

子どもたちに贈る家宝

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 感動する話

Pocket

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話

広島で講演をした時のことです。

講演を終えて控え室に戻ると、中年の婦人がお礼のあいさつに見えました。

この時のテーマは「父から娘へ伝えること」というものでしたが、

婦人は

「つい自分の両親のことを思い出し、涙ぐんでいました」

と、こんな話を聞かせてくださいました。

******************************

私が主人と結婚しようと決心した時、主人が私の実家の両親にあいさつに来てくれました。

父母は私達の結婚を喜んでくれ、型通りのあいさつが済むと、父が仏壇から1冊の貯金通帳を取り出してきました。

それは私も知らないものでした。

父は主人と私の前にその貯金通帳を開くと、

「娘のために貯金してきたものです。

わずかですが、ぜひ使ってください」

と主人に言いました。

通帳をのぞくと、金額で84万円入っていました。

びっくりしたのは、1回も出金がなかったことと、入金欄に小さな数字がずっと並んでいたことです。

その1回の入金額はすべて150円以下でした。

つねに88円とか、120円とか、65円とかでした。

本当にわずかなお金でしたが、娘の私のために両親が苦労して貯めた貯金通帳でした。

主人は父と母の苦労を察して、とうとうその貯金通帳を受け取りませんでした。

それから何年か経って、父が亡くなった時のことです。

主人が突然

「あの貯金通帳をもらえないものだろうか。

中身のお金は1円も要らないから」

と言いました。

私も同じ気持ちでしたから、実家に行って通帳を探しましたが、見つかりませんでした。

帰宅すると、私は主人に

「どうしてあの貯金通帳がほしかったの」

と改めて尋ねました。

すると主人は

「自分たちの子どもの家宝にしたかった。

子どもたちにこまかい数字がずっと並んでいる貯金通帳を見せて、

おじいちゃん、おばあちゃんがあなたたちのお母さんである娘のために、この通帳の数字のように、
わずかなお金を少しずつ貯金してきた気持ちを子どもたちに知ってほしかった」

と答えました。

すばらしい話に感動した私は、婦人に

「良いお父さん、お母さんに恵まれましたね」

と言いました。

すると、婦人はうれしそうに、

「ええ、世界一のお父さん、お母さんでした」

と言われました。

_______

「しあわせを感じる喜び」
林覚乗 著
文芸社より
_______

q01369

AD googleアドセンス

関連記事

奇跡

これは私が小学校一年の時の話です。 私には年上のいとこがいてとても 面倒見が良く毎日のように

記事を読む

ママに優しくしてあげたくて来たんだよ

長男がちょっとづつ話せるようになった3歳ぐらいの頃、 長男が急に話し始めたことがあります。

記事を読む

【ドラえもん最終回】

のび太とドラえもんに別れの時が訪れます。 それは、なんともあっさりと。 のび太はいつものよう

記事を読む

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫の家族と同居していた私は姑たち

記事を読む

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

嫁の連れ子の一人娘の結婚式

一人娘の結婚式 俺が嫁と結婚したのと同じ歳。 お前はもらわれていく。 土曜日、一人娘の結婚式

記事を読む

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたん

記事を読む

人生が上手くいかない時はどうすればよいですか?

2014年12月、NHK「あさイチ」のプレミアムトークに、ゲストとして出演した美輪明宏さん。

記事を読む

結婚式サプライズ「麻里子の教室」寿ビデオ大賞授賞

「ありがとう。」 夫からの目隠しの先に待っていた結末とは・・・?!

記事を読む

男の子二人組みの話。

男の子二人組みの話。 A「もしさぁ、お前のおかんと恋人がおぼれてたらどっち助ける?」 B「そ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑