*

父親の職場

公開日: : 最終更新日:2014/07/19 感動する話, 泣ける話

Pocket

大卒から勤続8年目。

俺は上司含め、同僚が苦手。
というかあまり好きではなかった。

ワイワイと騒ぐ職場で馴れ合いもせず昼飯や飲みも付き合いはするが、仲良い同僚なんてのもいなかった。

そんな俺の性格を理解してか周りもあまり俺に近づいてこようとはしなかった(仕事外ではね)。

ある日外回りから帰ってさっさと席につきコツコツと事務処理をやっていた時の事上司が近づいてきて
『〇〇く~ん、この間の件ゲットできたらしいな。よくやった!』
……普段どんないい事しても褒めもしない上司が褒めた。
しかも超笑顔。

さらに部下が
『〇〇さん、明日某客先に行くんですけど、教えてもらえますか?』
って普段怖がってか俺に聞かないで俺より下の奴に質問してる
おちゃらけな若者が俺に質問してくる。

とどめに女の子がコーヒーを持ってきてくれたり、明らかに俺は優遇されすぎていた。

おかしい……
この時期に昇進か?
まさか転勤!?
妻子も家もあるのに って考えてたらやたら背の低い影が俺に近づいてきた。

息子だった……

びびって椅子から転げ落ちた。
どうやら幼稚園で父の仕事を発表する事があるらしい。

聞いてないのは俺だけで嫁が事前に上司に許可もらってたと。
それで皆おかしかったのか。

息子もなんだか嬉しそうだしいいのかな……。
普段の俺を見たら寂しそうだなぁとか思ってただろうな。

その夜飲み会があった。
今回の件、課長が根回ししてくれてたり、うるさい若者が自ら話しかけにきたいと言った事とかいろいろわかった。

泣けた。

それからは仕事に感情をだせるようになった。
仕事が、職場が楽しいと思えるようになった。

そして息子の発表会には行けなかったがとても誇らしげに語ってたみたい。
皆大好きだ!

q01365

AD googleアドセンス

関連記事

いってらっしゃい

もう二十年位前の話です。 私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず、施設に預け

記事を読む

台湾からの慰霊訪問

8月13日靖国神社での出来事。 台湾の方々は、毎年、このような形で慰霊に参られていますた。 日本

記事を読む

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫の家族と同居していた私は姑たち

記事を読む

ハッピーバースデートゥーユー

娘と妻と三人で福岡に帰る日。 小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗するこ

記事を読む

「ママ、パパ、ありがとう」6歳で亡くなった女の子の、愛の手紙

エレナ・デッセリッチちゃんは5歳のときにガンの宣告を受け、6歳でその短い生涯を終えました。 しかし

記事を読む

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたん

記事を読む

機械音痴の母のデジカメの保存写真を見たら涙が止まらない

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。何

記事を読む

普段俺のことをバカにしまくってるドーベルマンのロッキー

普段俺のことをバカにしまくってる ドーベルマンのロッキー しかし小学生のとき、ロッキーは

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

クリスマスの夜のケーキ屋で。小さな女の子がケーキを買おうとしたけど・・・

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験した親友。 中学の時、ケー

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑