父親の職場


大卒から勤続8年目。

俺は上司含め、同僚が苦手。
というかあまり好きではなかった。

ワイワイと騒ぐ職場で馴れ合いもせず昼飯や飲みも付き合いはするが、仲良い同僚なんてのもいなかった。

そんな俺の性格を理解してか周りもあまり俺に近づいてこようとはしなかった(仕事外ではね)。

ある日外回りから帰ってさっさと席につきコツコツと事務処理をやっていた時の事上司が近づいてきて
『〇〇く~ん、この間の件ゲットできたらしいな。よくやった!』
……普段どんないい事しても褒めもしない上司が褒めた。
しかも超笑顔。

さらに部下が
『〇〇さん、明日某客先に行くんですけど、教えてもらえますか?』
って普段怖がってか俺に聞かないで俺より下の奴に質問してる
おちゃらけな若者が俺に質問してくる。

とどめに女の子がコーヒーを持ってきてくれたり、明らかに俺は優遇されすぎていた。

おかしい……
この時期に昇進か?
まさか転勤!?
妻子も家もあるのに って考えてたらやたら背の低い影が俺に近づいてきた。

息子だった……

びびって椅子から転げ落ちた。
どうやら幼稚園で父の仕事を発表する事があるらしい。

聞いてないのは俺だけで嫁が事前に上司に許可もらってたと。
それで皆おかしかったのか。

息子もなんだか嬉しそうだしいいのかな……。
普段の俺を見たら寂しそうだなぁとか思ってただろうな。

その夜飲み会があった。
今回の件、課長が根回ししてくれてたり、うるさい若者が自ら話しかけにきたいと言った事とかいろいろわかった。

泣けた。

それからは仕事に感情をだせるようになった。
仕事が、職場が楽しいと思えるようになった。

そして息子の発表会には行けなかったがとても誇らしげに語ってたみたい。
皆大好きだ!

q01365

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス