*

高校最後の大会

公開日: : 泣ける話

Pocket

俺にとっての高校生活が終わった
終わってみると短いものだ

高校生活
たくさんの思い出があるが一番大切な思い出は部活のことだ
1年生の頃、サッカーの推薦で入学したが、俺はよく部活をサボってばかりいて、顧問に何度も怒られた
自分が大好きだったはずのサッカーが、中学の頃の出来事から、いつの間にかサッカーが大嫌いに変わっていた
正直、サッカー推薦で高校に入れたが、すぐに辞めようって思っていた

そんな自分を昔のサッカーが大好きだった頃にもどしてくれたのが、仲間と顧問だった
仲間も顧問も自分のことを見捨てないでいてくれた
こんなどうしようもない自分を…
そのことに気づいてから、支えてくれる人達を裏切りたくないって思った

それからは必死になって部活をした

3年生の引退試合
相手が悪く3ー0で完敗
試合が終わってから自分の無力さに泣いて、無駄な1年間をおくったことに後悔した…
そんな俺に顧問が
今の気持ちは一生忘れるな
忘れなければこの先もきっと大丈夫だ
と言った

時間は戻せない
改めて俺は痛感した…

部活を通して大事なことに気付いた
気づかせてくれた仲間や顧問がいた

卒業式が始まってからこの事を思い出した…
あっという間に卒業式が過ぎていって卒業生退場と言葉がかかった
教員1人1人に握手をして退場した
3年間お世話になった顧問の先生と握手をした

顧問の先生の目からは涙がこぼれていた
それを見て、俺は涙が溢れた

3年間お世話になりました

q01363

AD googleアドセンス

関連記事

象のお墓 戦争の悲惨さが伝わる動物園の話

戦争の残酷さがひしひしと伝わります。 上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。 お日様

記事を読む

18歳の回天特攻隊員の遺書

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。 胸は日本晴れ。 本当ですよお母

記事を読む

言葉ひとつ

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。 そのときにキッ

記事を読む

no image

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思

記事を読む

ピザじゃない!

友人が居酒屋にイタリア人の友達を連れてきた。 飲み進むうちに食べ物を追加しようという話になり、

記事を読む

成人式の日

成人式の日、 それは美容室にとって、 大いに気合いが入る日。 その年の成人式も

記事を読む

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑