*

ミッキー誕生の話

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 感動する話

Pocket

彼は子どもの頃から人を喜ばせるのが大好きでした。絵が得意で、絵をかいて皆が喜んでくれるのを見るのが何よりうれしかったのです。
けれども彼の家は決してお金持ちではありませんでした。小さい頃からアルバイトもしました。
その上、八歳の時にはお父さんが病気になってしまい、家はますます貧しくなって、持っていた農場もとうとう手ばなさなければならない日がきました。
でもディズニー少年はへこたれませんでした。お父さんを助けて新聞配達をしながら学校に通いました。
ディズニーはどんな大変な時にも大好きな絵だけは忘れませんでした。真剣に勉強し、書き続けました。
そして、いつしか

『自分は絵で人々に勇気を与えていこう。愛と喜びを与えていこう。それを一生の使命にしたい』

と願うようになりました。
その願い通り、やがてディズニーの作品は、世界の人々の心をつかみ、希望と優しさを送り続けるようになりました。
彼ががんばれるエネルギーは、少年時代の苦労の中にあったのです。偉くなった人は皆、苦労しています。
いろいろな苦しいことを味わってこそ、自分も鍛えられ、人の心もわかるようになります。
立派な仕事をできるようになるんです。
いやなこと、つらいことから逃げて、わがままになり、自分を甘やかしてしまったら、大人になってから大きな活躍する土台はできません。

さて、ディズニーの未来への夢はまわりの人になかなかわかってもらえませんでした。反対もされました。
彼はまず小さな広告会社で働くことから出発しました。
宣伝の絵をかく仕事です。大きな夢に向かって、現実の一歩を踏み出したのです。
そのうちに映画作りも始めました。だんだん名前も知られるようになりました。そんな時です。ディズニーは
信用していた人に、だまされ、裏切られてしまいます。夜もろくろく寝ないで作った、大事な映画の権利を奪われてしまったのです。そのうえ、多くの社員たちも去っていきました。
ディズニーは、悲しみのどん底につき落とされてしまいました。お金もない。仕事もない。
頼れる味方もない。何もかもなくして『もうダメだ』と思いかけました。
しかしディズニーには、少年時代からの夢がありました。絶対くじけるわけにはいきません。
何とかしなければ。そんな孤独なディズニーの心に浮かんだのは、
ある『友だち』のことでした。
友だちとは、以前、ディズニーがひとりぼっちで絵をかいていた時、部屋に現れたネズミのことです。やさしいディズニーは、そのたった1人の友だちに自分のパンを分けてあげていたのです。
『そうだ、彼がいる!』ディズニーは、その小さな友だちを新しい主人公に決めました。
これが劇的な『ミッキーマウス』の誕生だったのです。

ミッキーマウスは、たちまちアメリカ中の人気者になりました。明るく、元気いっぱいのミッキーに、大人も子どもも、そしてどこの国でも人々はひきつけられました。けれども、このミッキーは、実はディズニーの苦しい涙の中から生まれたのです。
一番つらい時、その時こそ一番大切な時です。新しい道が開けるチャンスの時なのです。
ディズニーのように努力する限り、負けない限り、心の中の夢の木は伸び続けます。
、努力こそ夢を育てる栄養分です。
続けてディズニーは、ドナルド・ダックやダンボ、バンビなど、楽しい仲間を世界に送りだしていきます。
その後も彼は、人にだまされたり、お母さんの突然の死にもあったりといろいろと悲しいことやつらいことがあったけれども負けませんでした。
そして彼の夢はどんどん大きくなり、世界中のどこにもない「夢の王国」を作りたいと思うようになりました。

「たくさんの人を喜ばせてあげたい」

その気持ちから、あのディズニーランドが生まれたのです。

q01358

AD googleアドセンス

関連記事

家族旅行の帰り道

数年前、 家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました その事故のせいで私は2本の松葉

記事を読む

ハッピーバースデートゥーユー

娘と妻と三人で福岡に帰る日。 小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗するこ

記事を読む

子どもたちに贈る家宝

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話 広島で講演をした時のことです。 講演

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

あるレジ打ちの女性

その女性は、何をしても続かない人でした・・・ 田舎から東京の大学に来て、 サークルに入

記事を読む

新しい家族に愛されて

一昨年の12月に 母に頼まれて届けものをするために 旦那と出掛けて行った。 そうしたら

記事を読む

募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。

母「貯めてたのに本当にいいの?」 子「どうぶつの森我慢する。これで地震の人の家建てる。」

記事を読む

僕は誇らしかった

僕が幼稚園の頃の事だ。 まだ東北新幹線も上越新幹線も建設中で、一部区間を試験車両だけが走ってた時代

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑