*

かわいそうな柿

公開日: : 最終更新日:2014/07/11 感動する話

Pocket

昔24時間営業のスーパーで働いてた。
この時期はただえさえ寒いうえに店内冷房ですごく寒かったな。
それはさておき、その年は柿がすごくおいしかったんですよ。
で、うちもたくさんカキを置いたわけ。入口の近くにね。

働いた経験ある人なら分かると思うが、斜めの棚に陳列してある果物は、よくお客さんに落とされちゃうことがある。
もちろん拾って棚に戻すんだけど、すぐ痛んできてしまって、誰にも選ばれず、結局買われないまま廃棄というのが定番パターン。
(店員がもらうのも限界がある)

そんな中、いつも夜遅くに来ていたカップルの行動が泣けた。
いつも男のほうが先にスーパーに来て、女の子が後から荷物(仕事がえり)を抱えてスーパーに入ってくる。
男のほうが料理がうまいみたいで、女の子が来るまで男はスーパーの中をぐるぐる回って色々考えて、女の子が来るとうれしそうに駆け寄って、その日の献立の予定を話すのがいつものパターン。

いつも果物棚の前くらいで落ちあってたんだけど、その日は柿がおいしそうだねってそのまま柿の棚をながめてた。
女の子は柿がすごく好きみたいで
「すごいね」
「真っ赤できれいだね」
「立派だねえ」
「神さまが作ったみたい」
とひたすら柿を誉めまくり。
うちは果物力を入れていたから離れたレジで聞いていて嬉しかった。

そんなことを話しながら彼女が手に取った柿が痛んでいた奴だったみたいで、おもわず声を上げる女の子。
女「あっ!これかわいそうだよ。」
男「あ、ほんとだね。落ちたのかな?」
女「きっと買ってもらえないよね、これ」
男「そうだろうねえ・・・」
女「・・・」
女「これ、買っていい?他にも痛んでる柿を今日は買って帰りたいな」
男「ええっ!でも安くないし、今あんまりお金ないよ」
女「今日剥いてたべちゃだめ?剥くのめんどい?せっかくこんなにきれいに生まれてきたのに、捨てられたらすごくかわいそうだよ。お金は私が出す!」
男「じゃ、じゃあわかったよ苦笑」

なんかじーんときたよ。ほんとに痛んだ柿5つ買っていった。
今思えば半額にしてあげればよかったな。

自分の家が農家だから何となく、野菜は生きてると思うときがある。
(経営側からすればそんなことは言ってられないんだろうけど)
だから、その女の子が柿を買ってった時は、ぼんやりと日本人で良かったなと思った。

彼氏夜遅く柿むいてくれたのかな?ちょっとうらやましいなとも思った。
でも今でも覚えてる私の好きなエピソードです。

q01352

AD googleアドセンス

関連記事

募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。

母「貯めてたのに本当にいいの?」 子「どうぶつの森我慢する。これで地震の人の家建てる。」

記事を読む

あるレジ打ちの女性

その女性は、何をしても続かない人でした・・・ 田舎から東京の大学に来て、 サークルに入

記事を読む

古き良き時代

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった 8月の下旬にはもう夕方の風

記事を読む

思わず2度見てしまう!小林市PR動画がすごい!

https://youtu.be/jrAS3MDxCeA

記事を読む

ハッピーバースデートゥーユー

娘と妻と三人で福岡に帰る日。 小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗するこ

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

ばあちゃんと自転車

俺、老人苦手。 「おばあちゃんこ」とか「おじいちゃんこ」とかってスゴイ。 老人慣れしてるヤツ

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

オンリーワン

部活の大会で、みんなから応援メッセージが書かれたボードをもらったことがあります。 その中に「ナ

記事を読む

婦警さん

私がしたのではなくて、見たものですが前に住んでいた団地で刃物を使った事件がありました。 それを撃退

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

→もっと見る


PAGE TOP ↑