無愛想な人だった


産婦人科医院で働いていた時のこと。

Aさんの夫は営業というお仕事柄とても愛想が良くてさわやかで、同室の人たちにお見舞いのお菓子を配ったりして、病院内でも評判が良かった。

それに対してBさんの夫はちょっとこわそうな近寄りがたい雰囲気の大工さんで、こちらが挨拶をしても無言でペコッとするだけで、無愛想な人だった。

やがてAとBがそれぞれ退院。
退院後、忘れ物がないかベッドサイドの棚やクローゼットの中を点検していると、以前からガタついていた引き出しや開きにくくなってた扉がいつのまにか修理されていることに気づいた。
q01349

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス