*

無愛想な人だった

公開日: : 最終更新日:2014/07/12 感動する話

Pocket

産婦人科医院で働いていた時のこと。

Aさんの夫は営業というお仕事柄とても愛想が良くてさわやかで、同室の人たちにお見舞いのお菓子を配ったりして、病院内でも評判が良かった。

それに対してBさんの夫はちょっとこわそうな近寄りがたい雰囲気の大工さんで、こちらが挨拶をしても無言でペコッとするだけで、無愛想な人だった。

やがてAとBがそれぞれ退院。
退院後、忘れ物がないかベッドサイドの棚やクローゼットの中を点検していると、以前からガタついていた引き出しや開きにくくなってた扉がいつのまにか修理されていることに気づいた。
q01349

AD googleアドセンス

関連記事

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。

記事を読む

台湾からの慰霊訪問

8月13日靖国神社での出来事。 台湾の方々は、毎年、このような形で慰霊に参られていますた。 日本

記事を読む

バスの中で言葉の暴力を喰らった

10歳の息子がある病気を持っており、 車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり 一見ダルマ

記事を読む

家族旅行の帰り道

数年前、 家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました その事故のせいで私は2本の松葉

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

無償の愛でしょ?お金なんかいらない

おじいちゃんは老いから 手足が不自由でトイレも1人では厳しい。 だから、いつも

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

あるレジ打ちの女性

その女性は、何をしても続かない人でした・・・ 田舎から東京の大学に来て、 サークルに入

記事を読む

おばあちゃんとの約束

のび太君はテストの前日、 ママが大事にしていた“プラチナの指輪”をなくしてしまいました。

記事を読む

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫の家族と同居していた私は姑たち

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑