家族旅行の帰り道


数年前、

家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました

その事故のせいで私は2本の松葉杖なしには歩けなくなってしまったのです

私よりましだったものの、父も松葉杖が必要な身体になってしまいました

思春期には劣等感に悩まされ、死にたいと思ったこともありました

そんな時、いつも父が慰めてくれました

父も同じ痛みを知っているから、私の気持ちをちゃんとわかってくれていたのです

父の愛に励まされ無事大学にも合格し入学式の日、

父は私のことを誇りに思うといって涙ぐみました

そして、

入学式を終えて会場からでてきたとき

目の前で、信じられないことが起きたのです・・・

小さな子がひとりで車道へ飛び出しました

すると、

父は松葉杖を投げ捨てて、全力でその子のもとへ駆け出したのです

私は自分の目を疑いました・・・

父がその子を抱き抱えてもどってくるではありませんか・・・

「お父さん!」

私は驚きのあまり大きな声を出しましたが、父は何ごともなかったかのように、松葉杖をついてさっさと歩いていきます

「お母さんお母さんも見たでしょう?お父さんが走ったのを!」

母は淡々と答えました

「驚かないで、聞いてちょうだい。

いつかはあなかにもわかってしまうと思っていたわ。

お父さんはね、本当は松葉杖がいらないの、

あのとき、お父さんは腕に怪我しただけだったの。

それでも4年間、松葉杖を使ってきたのよ。

同じ痛みを背負わなければ、あなたを慰めてあげらないといってね」

知らず知らずのうちに涙が溢れてきました

「泣かないで。

お父さんはね、あなたを慰めてあげられる自分を誇りに思っていたのよ。

さっきは、あの子が車にひかれそうになって、あなと同じ目に遭うんじゃないかと・・・」

前を歩く父の後ろ姿を見ていると涙がこぼれ落ちてきました

つらいときは、いつもお父さんのふところで泣きました

いつも声をあげて泣いていたのは私だったけれど、父は胸の中でもっとたくさんの涙を流していたのかもしれません

お父さん、お母さん、ありがとう・・・

「心に残る感動の物語」より

q01345

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス