*

家族旅行の帰り道

公開日: : 最終更新日:2014/07/10 感動する話

Pocket

数年前、

家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました

その事故のせいで私は2本の松葉杖なしには歩けなくなってしまったのです

私よりましだったものの、父も松葉杖が必要な身体になってしまいました

思春期には劣等感に悩まされ、死にたいと思ったこともありました

そんな時、いつも父が慰めてくれました

父も同じ痛みを知っているから、私の気持ちをちゃんとわかってくれていたのです

父の愛に励まされ無事大学にも合格し入学式の日、

父は私のことを誇りに思うといって涙ぐみました

そして、

入学式を終えて会場からでてきたとき

目の前で、信じられないことが起きたのです・・・

小さな子がひとりで車道へ飛び出しました

すると、

父は松葉杖を投げ捨てて、全力でその子のもとへ駆け出したのです

私は自分の目を疑いました・・・

父がその子を抱き抱えてもどってくるではありませんか・・・

「お父さん!」

私は驚きのあまり大きな声を出しましたが、父は何ごともなかったかのように、松葉杖をついてさっさと歩いていきます

「お母さんお母さんも見たでしょう?お父さんが走ったのを!」

母は淡々と答えました

「驚かないで、聞いてちょうだい。

いつかはあなかにもわかってしまうと思っていたわ。

お父さんはね、本当は松葉杖がいらないの、

あのとき、お父さんは腕に怪我しただけだったの。

それでも4年間、松葉杖を使ってきたのよ。

同じ痛みを背負わなければ、あなたを慰めてあげらないといってね」

知らず知らずのうちに涙が溢れてきました

「泣かないで。

お父さんはね、あなたを慰めてあげられる自分を誇りに思っていたのよ。

さっきは、あの子が車にひかれそうになって、あなと同じ目に遭うんじゃないかと・・・」

前を歩く父の後ろ姿を見ていると涙がこぼれ落ちてきました

つらいときは、いつもお父さんのふところで泣きました

いつも声をあげて泣いていたのは私だったけれど、父は胸の中でもっとたくさんの涙を流していたのかもしれません

お父さん、お母さん、ありがとう・・・

「心に残る感動の物語」より

q01345

AD googleアドセンス

関連記事

思わず2度見てしまう!小林市PR動画がすごい!

https://youtu.be/jrAS3MDxCeA

記事を読む

花火の元

【花火の元】 ルーディーの足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、ポップコーンが散乱し

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

元上司に言われた、忘れられない言葉

「仕事とプライベートで 同時に重要な問題が起きたら、 プライベートを優先しなさい。

記事を読む

あと何日。。。

いまご両親と離れて暮らしている人が 正月とお盆の10日くらいしか 実家に帰らないとする。

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

no image

父からの未来への手紙

あゆみ結婚おめでとう。 今のお前はまだ5歳です。 昨日は「お父さん大好き」 今日は「お父さ

記事を読む

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。無気

記事を読む

『サンタのDS』 ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~

数年前の震災後の話・・・ 当方宮城県民。 朝からスーパー並んでたんだが、私の前に母親と泣きべ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑