*

天国と地獄~ほんのちょとした違い~

公開日: : 最終更新日:2014/07/10 魔法の言葉

Pocket

ある男が神様に会った
日頃から気になっていたことを男は尋ねた
「神様、本当に天国はあるのですか? 
地獄なんて存在するのですか?」

神様は微笑んだ
「こちらについて来るがよい。地獄を見せよう」

最初に入った部屋が「地獄」だった
人間たちが料理の入った大きな鍋を囲んで座っていた
それはそれはおいしそうな料理だった
でも、全員がひどくおなかをすかせていた
なにやら生きる希望もすっかり失っているように見える

みな、スプーンを鍋に入れては料理を口に運ぼうとするのだが
スプーンの柄が長すぎて、料理は口に届かない
空腹で、目の前にはおいしそうな料理
しかし空腹を満たすことはできない
その苦しみたるや
まさに筆舌に尽くしたがたいもの

ひとびとの苦しみようはひどいものだった
男は暗然たる気持ちで部屋を出た

「さて、今度は天国をみるがよい」
次の部屋が「天国」だった  

だが、部屋の様子は「地獄」となにも変わらない
人間たちが料理の入った大きな鍋を囲んで座っていた  
柄の長いスプーンもあった
違うのはそこにいる人間たちが満ち足りていること
お腹も充分に満たされ  
人々の顔は幸せに輝き・・・

男は神様に尋(き)いた
おなじ鍋 同じスプーン
なのに
なぜここにいる人たちはこんなに幸せで
さっきの人たちはあんなに惨めなのでしょう?
与えられた環境や 条件はまったくおなじだというのに・・・

神様は微笑んだ 
「とても簡単なことだ」
ここにいる者たちは  
互いに食べさせあうことを学んだのだ
それだけの違いなのだ

q01342

AD googleアドセンス

関連記事

泣かないかもしれないけれど傷ついてる。

泣かないかもしれないけれど傷ついてる。 言わないかもしれないけれど気付いてる。 見えないかもしれ

記事を読む

こんな人になりたい

「あたりまえ」を「ありがとう」と言える人 「だからなに」を「おめでとう」と言える人 「もうだめだ

記事を読む

5羽のカモメのお話

5羽のカモメが防波堤にとまっている。 そのうちの1羽が飛び立つことを決意した。 残っているのは何

記事を読む

人生の決断

人生では何を選ぶか常に自分で 決めなければならい...       「 楽な道 」を選

記事を読む

よくしゃべる人ほど

よくしゃべる人ほど本当は淋しがり屋 無口な人ほど話したいことがある 大好きな人ほど困らせ

記事を読む

考えすぎはやめよう

考えすぎはやめよう   ありもしない不安や問題を   作り出すだけだけだから    

記事を読む

スティーブ・ジョブズからの伝言

君たちが持つ時間は限られている。 人の人生に自分の時間を費やすことはありません。 誰かが考えた結

記事を読む

あのとき、ああしていれば

「あのとき、ああしていれば」 という思いに振り回されることほど、 時間とエネルギーを無駄にし、

記事を読む

時間は限られていますから好きなことをやろう

時間は限られていますから好きなことをやろう 後悔する前に楽しんで走り抜けちゃえばいい 好きなこと

記事を読む

涙の分だけ、強くなれ

涙の分だけ、強くなれ。 傷ついた分だけ、優しくなれ。 打たれた分だけ、大きくなれ。 負けたくな

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑