*

ママ、あたしね

公開日: : 感動する話, 泣ける話

Pocket

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。

ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。
へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら

『あんたはママを苦しめたいの?
 ほんとにひどい子だ』
と悪態をついた日々。

赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。
母親の自信なんて、みじんもない。
ただ、もがくだけの日々。

あれから数年たって、娘は五歳になった。
「あのね、ママ…」(もじもじ)
「なぁに?」

「あたしね、ママのこと、
 生まれたときからすきだったの」

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。
やっと聞けた。
その言葉を聞いて台所でひとり泣いた。

q01340

AD googleアドセンス

関連記事

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり ある

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。無気

記事を読む

手紙だとずっと大切に保管できるのに

ある日、父が携帯を片手にノートに何か書いていた。 何をしているのかと聞いたら「お母さんから貰っ

記事を読む

社会ってそういうものよ

学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円! もう丸一日以上何も食べて

記事を読む

史上最年少監督 『~わたしのパパとママ~』感動の動画!

もしも、子供が親の姿を撮影したドキュメンタリー映像を作ったら? 見えなかった子供の本音に感涙・

記事を読む

**大切な人に贈りたい24の物語**より 星野監督の話

星野監督は多くの選手から慕われていますが その理由がわかる話を聞きましたので紹介します

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

あと何日。。。

いまご両親と離れて暮らしている人が 正月とお盆の10日くらいしか 実家に帰らないとする。

記事を読む

手のかからない子に手をかけて

分娩台の上で産声を上げたときから 赤ちゃんは泣き始めます そして、泣き続けます その声

記事を読む

台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

おふくろからの1本の電話。「お父さんが…死んでたって…」死んだじゃなくて、死んでた?親父とは小さ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑