*

花火の元

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 感動する話, 魔法の言葉

Pocket

【花火の元】

ルーディーの足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、ポップコーンが散乱していた。
キャストのお姉さんはそのポップコーンを丁寧にホウキでかき集めていた。
「足元申し訳ありません」とルーディーの足元を掃いてくれたので、思わず「大変ですね」と声をかけた。
キャストのお姉さんはニッコリと笑ってこういいました。

「今、集めているのは皆さんの残念な気持ちなんです♪
これを一箇所に集めると実は園内で上がる花火の元になるんですよ!
ご存知でしたか?
このことを私たちはミッキーに教えてもらうんです。
だから私は皆さんに楽しんでいただく花火の元を拾っているので
全然、大変じゃないんですよ♪
ありがとうございます」

q01338

AD googleアドセンス

関連記事

婦警さん

私がしたのではなくて、見たものですが前に住んでいた団地で刃物を使った事件がありました。 それを撃退

記事を読む

自分の花

名もない草も実をつける  いのちいっぱいの花をさかせて 相田みつを

記事を読む

本当の月は、常にまん丸な球体です。

夜空を見上げると 月が見えますね。 満月のときもあれば、 半月のときもあれば、 三日月の

記事を読む

初任給の物語

某信用金庫に勤める二十歳の短大卒の女性が、 初月給を親のために使って喜んでもらおうと、

記事を読む

幸せの7つの習慣

1、笑顔 2、他人と比べない  (比べるなら自分の過去と) 3、自分と友達になる 4、人から

記事を読む

『 歩く 』という字は

『 歩く 』という字は 『 少し 』『止まる』 と書きます 無理して急がなくて いいんです!

記事を読む

泣きたいときは泣けば

いいんです。 泣きたいときは泣けばいいんです。 でも、 大切なのは泣き終わったあとのあなた

記事を読む

おもいやり算

人を笑顔にする算数 『+(たす)』 たすけあうと大きな力に 『-(ひく)』

記事を読む

リッツカールトンの接客

満足を超えた感動を提供するホテル「ザ・リッツ・カールトン」! 様々な著書でも有名な、このホテル接客

記事を読む

古き良き時代

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった 8月の下旬にはもう夕方の風

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑