*

花火の元

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 感動する話, 魔法の言葉

Pocket

【花火の元】

ルーディーの足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、ポップコーンが散乱していた。
キャストのお姉さんはそのポップコーンを丁寧にホウキでかき集めていた。
「足元申し訳ありません」とルーディーの足元を掃いてくれたので、思わず「大変ですね」と声をかけた。
キャストのお姉さんはニッコリと笑ってこういいました。

「今、集めているのは皆さんの残念な気持ちなんです♪
これを一箇所に集めると実は園内で上がる花火の元になるんですよ!
ご存知でしたか?
このことを私たちはミッキーに教えてもらうんです。
だから私は皆さんに楽しんでいただく花火の元を拾っているので
全然、大変じゃないんですよ♪
ありがとうございます」

q01338

AD googleアドセンス

関連記事

誰かのために・・・

僕が看取った患者さんに、 スキルス胃がんに罹った女性の方がいました。 余命3か月と診断され、

記事を読む

今更聞けない「一杯のかけそば」のお話

この物語は、今から35年ほど前の12月31日、 札幌の街にあるそば屋「北海亭」での出来事から始まる

記事を読む

「会社を辞めたい」と呟いた。

「会社を辞めたい」と呟いた。 「大丈夫」と返してくる男がいた。 プロフィールには55歳。

記事を読む

机の上の整理整頓 当たり前だけど出来ていないこと。

自分の机の整理整頓は 当たり前ですから、ここで くどくど申しませんが、 契約書

記事を読む

「疲れた・忙しい」という言葉は

「疲れた・忙しい」という言葉は 「頑張った・充実してる」に置き換えよう そして「ため息」が出

記事を読む

迷わないことが強さじゃなくて

迷わないことが強さじゃなくて、 怖がらないことが強さじゃなくて、 泣かないことが強さじゃなくて、

記事を読む

手紙だとずっと大切に保管できるのに

ある日、父が携帯を片手にノートに何か書いていた。 何をしているのかと聞いたら「お母さんから貰っ

記事を読む

あるマンガ家志望の若者の話

あるマンガ家志望の若者の話です。 彼が17歳のとき。 短編マンガが準入選に選ばれ、担当編

記事を読む

胎内記憶

「胎内記憶」ってご存知ですか? 妊娠中のママのお腹にいる赤ちゃんは いろいろなことを 覚え

記事を読む

好きになるのも自分

好きになるのも自分。 嫌いになるのも自分。 頑張るのも自分。 頑張らないのも自分。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

クリスマスの夜のケーキ屋で。小さな女の子がケーキを買おうとしたけど・・・

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験し

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的

→もっと見る


PAGE TOP ↑