*

夢の国から

公開日: : 最終更新日:2014/07/09 感動する話

Pocket

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。

キャストの方が付き添い丁寧に説明をしながら歩いていました。
そしてミッキーに会う部屋に入りその夫婦の方の番になりました。
キャストの方が、
「ここがミッキーの耳ですよ~!」
と言うとミッキーがその夫婦の手を持って自分の耳に持っていきました。
夫婦は手をさぐりながらうなずいてとても嬉しそうでした。
ミッキーは他にも、鼻に手を持っていったり、たくさん夫婦を抱きしめてキスをしていました。そしてドアの所まで夫婦を送りました。

そんな光景を見て、私は泣いてしまいました。
そして泣いている私の所にミッキーが来て頭をなでてくれました。

q01336

AD googleアドセンス

関連記事

新しい家族に愛されて

一昨年の12月に 母に頼まれて届けものをするために 旦那と出掛けて行った。 そうしたら

記事を読む

おたがい様

職場復帰して間もない頃。 子供がしょっちゅう熱を出し、 それが終われば水疱瘡だのロタウイルスだの

記事を読む

日本女性の「3歩下がってついていく」本当の意味

https://youtu.be/21sLqIZ4fMA 昔から、「日本の女性は、男性から3歩下が

記事を読む

天国からの映像

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私

記事を読む

『THE MANZAI』

昨年12月に行われた『THE MANZAI』決勝では惜しくも3位だった、アルコ&ピース。 大会

記事を読む

全身の筋肉が骨化する難病と闘う女性の強さと美しさが人々の心をつかむ

英国で、難病におかされたある女性のドキュメンタリー番組が放映された。 病に屈しないその生き方、

記事を読む

プレゼントを買うのに付き合った

友達に頼まれて プレゼントを買うのに付き合った。 最近いい感じになってる人がいて 告白のつ

記事を読む

『サンタのDS』 ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~

数年前の震災後の話・・・ 当方宮城県民。 朝からスーパー並んでたんだが、私の前に母親と泣きべ

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたん

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑